« 必要なモノリスト | トップページ | スラックテンダーの話 »

2009年12月29日 (火)

シルキー 「ハヤウチ」

ポールソーはシルキー「ハヤウチ」の2段を使用しています。メーカーサイトはこちらです。シルキーは本当に世界に誇れるメーカーです!

で、ハヤウチですが、樹上で使用する事を考えると、2段以上は重くて腕がプルプルします。2段以上は伸ばして水平に持つだけでもしんどいでしょう。とはいえ、これはまだ昇柱器で木登りしている時に購入したもので、今買うなら地面から使う事を考えて4段を買います。

枝切りだけでなく、切った枝が他の枝に絡んで落ちてこない時に、これで引っ張ったりします。うちではこの用途の方が多いかも。でもこの時ポールがよく曲がります。シルキーに頼めばポール単体で取り寄せ可能です。

最小時でも全長2.28mあります。けっこう長いです。軽トラックの荷台には斜めにしてやっと積めるくらい。ロングボーイの方が持ち運びしやすいです。

R0014939_s

切れ味は抜群です!さすがシルキー。替え刃だけで7000円くらいするだけあります。でもノコ目が荒いので細かい枝だとなかなか食い込んでくれません。先端と後端の刃は木に絡んでいるツタを切るのに便利です。特に後端の刃は枝切りする前に簡易受け口としてざっくり切れ目をいれるのに重宝します。

R0014935_s_2

R0014936_s

ブレードの下部で光っている、かわいいキツネが「HOOK FOX」です。これめちゃめちゃ便利ですよ!ハヤウチ買うならこれもいっとくべきです。クライマーに渡すためにロープにハヤウチを結ぶ時や、樹上で枝にちょっとひっかけたり。TCJさんのショップで売ってますが、シルキーに聞いたら「シルキーを売っているお店なら、どこでも取り寄せ可能」との事でした。ハヤウチの他にハヤテ、ロングボーイにも取り付け可能です。

R0014937_s

あと、WesSPurで売ってる「Sintung Pruner Attachment」も持っています。このページの最下部のやつです。50mmタイプを買いました。袋と紐は付属品です。付け替えはマイナスドライバー一本で可能ですが、ちょい面倒です。樹上で交換は厳しいでしょう。
切れ味は思っているよりいいです。1cm径くらいなら楽勝です。切り口もシャープで良いです。

R0014941_s

銀色のツノがありますよね。ここが4倍力システムになっています。紐をひくと、ツノに連結した下刃が閉じる仕組みになっています。このタイプの枝打ちハサミって日本じゃあまり見かけませんよね。

紐を引くと…こういうアクションです。

R0014945_s

R0014944_s

ただこれ、閉じる力は強いですが、開く力はバネのみです。太い枝を切ろうとして無理をすると、食い込んだままどうしようもなくなる場合があります。そうなったら無理やりでも切ってしまわないと、そのまま現場に残地、という悲しい事態になったりします。

あと、力一杯引くと、4倍力システムの生み出す力にポールが負けて結構クニャります。これは大誤算でした…。ポール最大延長時では不安になるくらいしなります。3cm径くらいの枝切りが限度かも。まあそれ以上の枝だとノコ刃で切ればいいだけなんですけどね。

と思ってたらWesSpurのサイトの説明文に「切りにくかったらラチェットシステムを4段階まで変えられるぜい!!」と書いてありますね。…そんな機能あったけ?という感じです(説明書は付属していませんでした)。確認したら、また追記したいと思います。

|

« 必要なモノリスト | トップページ | スラックテンダーの話 »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/32773885

この記事へのトラックバック一覧です: シルキー 「ハヤウチ」:

« 必要なモノリスト | トップページ | スラックテンダーの話 »