« 木登りにおけるSRTについて | トップページ | How To 海外通販 »

2009年12月 8日 (火)

昇柱器も楽しいですよね(10/03/04追記あり)

私が一番初めに覚えた木登り方法は、昇柱器でガシガシ登る方法です。その頃は山中の樹を登ることが多く、幹に傷がついてもそこまで気にしなかったし、それしか知らなかったので、そりゃあもうガシガシ登ってました。

使っていたのは藤井電工の「FG-2」です。

Rimg0010_s

私はマルゴのスパイク地下足袋のカカト側のピンと台座を一列分ひっこぬいて、フィットするようにしています。この改造をする・しないでは登り易さが全然違います。(普段はアサヒのスパイク地下足袋を愛用しているんですが、こいつは改造してもイマイチ合いませんでした。)とは言え、一番いいのは安全靴や登山靴、長靴などの、ちゃんとヒールのある靴です。昇柱器が前後に動くのをヒールが当たって固定してくれます。

Rimg0015_s

ちなみに藤井電工の一本爪昇柱器には三種類ありますが、「FG-2」を買うのが正解でしょう。こいつは爪がつま先側に少し傾斜してまして、幹に刺さりやすくなっています。他のタイプは木登りには向いていません。

また藤井電工は「FR-100」という四本爪の昇柱器も販売しています。こちらも良さそうですが、これを装着したまま歩くのはどう考えても大変そうなので、私は持っていません。それに三本爪の方が安定するような気がするんです。

と、ここでふと検索してみると、やっぱり三本爪の昇柱器もあるんですね。ミズカミさん爆安です。…買っちゃおうかな?
山林刃物 安養寺屋(FR-100の開発元)http://www4.ocn.ne.jp/~edauchi/kinobori2.html
刃物プラザ ミズカミhttp://www2.ttn.ne.jp/~sensuke/tokusennhamono.htm

実は一度、海外製のスパーを買ったことがあります。Buckinghamのスチール製Spurです。

Rimg0005_s_3

日本製の昇柱器は電柱とか針葉樹向けでして、広葉樹には爪の刺さり具合が頼りなく感じたんです。藤井電工は昇柱器の爪の交換をしてくれるので、それならもっと長い爪つけてもらえないか問い合わせたんですが「無理!」との事だったんで、じゃあスパー買っちゃうもんね!と。

向こうのスパーにはちゃんとポールガフとツリーガフっていう二つの設定があるんですよ。WesSpurで見るたびに欲しくてうずうずしてたので、ちょうどタイミングが合いました。というか良い口実ができたってだけなんですけども。

ただ、これめちゃめちゃデカイ!!&重い!!残念ながら小柄な私には扱いきれませんでした。装着したらパッドがひざ下すぐまで来るんですもん、そりゃ無理ですよ。それにこれ、セットで確か約5kgぐらいあります。誰に持ってもらっても「重っ!」っていうリアクションでした。
↓の画像を見てもらうとそのデカさがわかってもらえると思います。

Rimg0007_s

↓でも爪はほんとに良い感じ…そりゃ刺さるわっていう形状です。

Rimg0009_s

もし海外製のスパーを購入予定の方がいれば、お伝えしたい事があります。値段が張っても軽いスパーを買った方がいいです。そしてガフ(爪)はツリーガフのスクリュータイプ。

あと、バッキンガムは靴底に回る部分がでかいので、地下足袋ではなく安全靴のようなヒールがある靴でないと厳しいです。写真でみる限りKleinの方がここが狭いので、扱いやすそうな気がします。

↓写真でみるとそんなに変わらないように見えますが、実際は相当広いです。

Rimg0011_s

くるぶしに回すベルトが上にあがらないようにする金具がFG-2についているんですが(二枚上の画像参照、爪にひっかかってる金具です)、これを鉄工所で作ってもらう方がいいかなあとも思います。

そんなバッキンガムのスパーですが、持ってても仕方ないので知り合いに引き取ってもらいました。その方曰く、「マツに登ってみたんだけど、刺さりすぎて抜けない!!」との事です。全くもって羨ましすぎます。あぁ小柄に生まれた自分が悔しい…。

ちなみに、今ではもう樹木を根元から伐ってしまう時しか昇柱器は使っていません。爪で樹木に傷つけてしまうのをためらいます。そしてロープアクセスを知ったら、ロープにぶらさがらずに登るのが怖くなっちゃいました。

あと、昇柱器使う人ってハーネスではなく安全帯で登る人が多いですが、あれはどうかと思います。例えば山奥の高圧線下伐採の時、樹上で意識不明になった場合どうやってレスキューするつもりなのか、私には全くわかりません。それに「生と死の分岐点」でいうところの「死の十字架」状態になるんじゃないの?とも思います。

安全帯を使うとしても、せめて枝をかわす時にも無確保状態にならないで済むようにダブルランヤードタイプの安全帯、もしくは↓を使うべきでしょう。

便利な道具 「林業用安全帯 FC-120 KO型 藤井電工 オリジナル商品」http://shop.wadakanamono.com/?pid=16235237

16235237

↑角環が二つあるので、国内製ランヤードを二本接続できます。これにワイヤーコアの林業用ランヤードを接続するのが、国内メーカー限定で装備を考えた場合、一番安全だと思います。

10/03/04追記)昇柱器+安全帯を使っておられる方におすすめだったハーネス、「シンギングロック RLシット」がまもなく市場から消えます。気になる方はすぐに動かれた方がいいと思います。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

|

« 木登りにおけるSRTについて | トップページ | How To 海外通販 »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/32538708

この記事へのトラックバック一覧です: 昇柱器も楽しいですよね(10/03/04追記あり):

« 木登りにおけるSRTについて | トップページ | How To 海外通販 »