« ロープの素材について | トップページ | フリクションセーバーいろいろ(4/24追記あり) »

2010年1月26日 (火)

ナチュラルクロッチとフォルスクロッチ

今回はナチュラルクロッチとフォルスクロッチについて見ていきます。

DdRTを行う場合、樹上でクライミングラインをターンさせる必要がありますよね。

この時、枝に直接ロープをかける事を「ナチュラル・クロッチ(Natural Crotch)」、フリクションセーバーを用いてロープをかける事を「フォルス・クロッチ(False Crotch)]と言います。

クロッチ(Crotch)とは木の股の事です。つまり枝元。フォルスクロッチは直訳すると「偽股」です。

Img_0017

[ナチュラル・クロッチ]
ナチュラルクロッチのメリットは道具がいらない事です。また、最初の設定時にもスローラインに直接ロープを結べばいいだけなので簡単です。撤収時もロープを引っ張りこめばそれで終わり。

デメリットは、ロープが樹に直接あたるので木の表皮を傷つけます。ロープもかなり汚れます。また樹種によっては摩擦力が結構働くのでロープの繰り出しがスムーズに行えず登攀・下降時に苦労します。
また、ロープを引っかけるための枝がないとどうしようもありません。

Img_0018


フォルス・クロッチ]
フォルスクロッチですが、まずデメリットから。道具が必要になってきます。様々な種類のフリクションセーバーがありますが、これは次回に紹介します。また、スローライン後の時点からフリクションセーバーを導入しようとすると、ちょっとややこしい事をする必要があります。これはTree Climber's Companionで紹介されているので割愛します。撤収時もロープにノットを作るか引っ掛け用のギアをつけてないと、フリクションセーバーだけ樹上に残っちゃう危険があります。あれはすごく哀しいです。

メリットは、どのフリクションセーバーを導入するかによって変化しますが、表皮を傷つけない事は共通します。これは非常に大事な事です。また、枝がなくても幹に巻きつける事でどこでも設定可能です。摩擦力問題はフリクションセーバーしだいです。
あと、自分の動きに追従してフリクションセーバーの支点がある程度動いてくれます。


[吉井フリップ式フォルスクロッチ]
まあなんじゃかんじゃ言いながら、私はほとんどフリクションセーバーを使用していません。バッキンガムの奴を持っているんですがどうも使う気にならない。

実際のところは、最初はSRTで登っちゃって、樹上で下図のようなフォルスクロッチを作っています。

Img_0019

メリットは、プーリーのおかげで登攀・下降にストレスがない事!プーリー最高です。ちなみに私はここにペツルの「フィックス」を使います。固定式プーリーの方が設置する時の手間が少ないからってだけですが。支点を変更したい時は、別スリングをその場所にかけてからセットごと移動すればいいので気楽です。

デメリットは多いです。地面まで下降後の解除は不可能です。私はいつも作業終了後に設置点まで登り返してセットを回収しています。その際、下降はDRTかSRTで降りています。また、これを設置する時は枝の上に立っていないと大変です。つまり一番下の枝にこれは設置しにくいって事です。いや、できない事はないですけど…

ちなみにスイベルは必須ではありません。現に私もスイベルを買ったのが最近なので、実は実戦で使用した事はありません(汗)。ただ、作業をしているとロープがぐるぐるとよれちゃう事が結構多いので、非常に有効だと思います。

あと、最初にSRTで登るのは訳があります。SRTはロープが移動しないので木を傷つけないですし、しょっぱなの登攀は距離がある事が多いので、SRTだと楽です。

また、トップアンカー(ロープがかかっている木の股)と自分の間のロープが直線で結ばれていたらいいので、枝をかわしやすい。イマイチ言葉で説明しにくいのですが、イラストで見たら一目瞭然なので、また後日記事にしたいと思います。

閑話休題。で、このフリップ式フォルスクロッチですが、これを買えば代用できます。A.R.T.の「Rope Gude」です。代用どころかこれなら地面から回収可能です!しかもアジャスタブル機能付き!調べれば調べるほど欲しくなる逸品です。


という訳で次回はいろいろなフリクションセーバーを見ていきます!!

|

« ロープの素材について | トップページ | フリクションセーバーいろいろ(4/24追記あり) »

基礎きそ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/33137819

この記事へのトラックバック一覧です: ナチュラルクロッチとフォルスクロッチ:

« ロープの素材について | トップページ | フリクションセーバーいろいろ(4/24追記あり) »