« ヘルメット Petzl「バーテックス ベント」 | トップページ | シェリルとウェススパーのカタログin2009 »

2010年2月10日 (水)

ヘルメットの規格について

(3/02追記)バーテックス3兄弟のEN規格対応について。ペツルの2010カタログの32ページに詳しい記載がありますので、参考にしてください。こちらの方が間違いなくわかりやすいです。リンクはこちらファイルサイズが大きいので右クリック保存してから見た方がいいと思います


(元記事ここから)
今回はヘルメットの規格について。ヘルメットと一言で言っても色々な用途のやつがありますが、今回は産業用ヘルメットに特化して書きます。前回紹介したペツルの「バーテックス ベント」などですね。前回記事はこちら


[日本の規格]
とりあえず産業用ヘルメットの規格ですが、日本では飛来物防止落下時保護電気絶縁用、の三種類があります。詳しくはウィキペディアのヘルメットの項目をご覧ください。

店で売っているヘルメットをみて、安いやつが飛来物防止、内部に発砲スチロールがあったら落下時保護兼用、値段が高くて通気孔が空いていなかったら電気絶縁兼用、です。だいたい合っていると思うので一度確認してみてください。


[ヨーロッパ規格]
ヨーロッパ規格をみていくと、EN12792(登山用ヘルメット)、EN397(産業用ヘルメット)の2種類があります。詳しくはペツル本国サイトのこのぺージを見てください(←EN規格の内容がわかるページをついに見つけました)

で、どうもEN397は地上作業を前提としているみたいで、高所作業時における落下保護性能はEN12792が適応されるみたいです。

それを如実に表しているのが、あご紐のバックル性能の違い。EN397ではある一定の荷重がかかった時に壊れるようになっています。ヘルメットが外れる事によって頭部への衝撃がモロにかからないようになっているのだと思います。ペツルで言うと「バーテックスST」です。ペツルの産業用ヘルメットはこちらのリンクから見れます。

これに対して、高所作業用途の「バーテックス ベント」と「バーテックス ベスト」はバックルの破断荷重が「ST」の二倍ほどあります。墜落の衝撃でヘルメットが外れないように考えられています。でもこの為にEN397の基準の項目を満たしていない事になるので、EN397の適合表示がありません。とはいえこの二つのヘルメットも強度等はEN397に適合しています。つまり、すべての項目に適合していないとEN規格は表示できないって事ですね。

登山用ヘルメットの規格であるEN12792ですが、そりゃまあ高所作業で使えるよなっていうのはわかります。ロッククライマーはグラウンドフォールや落下中に岩壁にぶつかる危険もあるし、落石から身を守るんですから。さきほど紹介したペツルのページを見ても、EN12792の方がハイレベルな試験を合格している…ような雰囲気を感じました。ちょっとわからないです。

ですから登山用メットを使用してもいいと思うんですが、それでも耐久性から考えて素材がポリカーボネイドのやつがいいと思います。ペツルだと「エクランロック」ですね。例えばウレタンフォームの「メテオ」は…純粋に木登り用限定なら問題ないとは思いますが、普段の仕事でも使いたい私は選ばないでしょう。せっかくかっこいいのに藪漕ぎ中にすぐにボロボロにしそうなんで(笑)。ペツルの登山用ヘルメットはこちらのリンクから。

ちなみにEN397にはオプション項目があって、そこに電気絶縁性テストがあります。「ST」と「ベスト」はこれに適合しています。さらにこの二つは日本の飛来物防止のテストにも合格しているみたいですね。じゃあ「ベント」はどうなんだ?ってなりますが…


[まとめ]
迷ったら「バーテックス ベント」で、もし電気線の近くで作業される場合(例えば高圧線の線下伐採)は、「バーテックス ベスト」を選べば問題ないんじゃないでしょうか。「ST」はプラントや工場の作業員用ってことだと思います。

なんだかんだ言って私も調べたものの、結局わからなかったんですよね。でもベントの普及率から考えて問題があるとは思えません。こういった「周りがやってるから問題ないんだろう」的な考え方は本来あまり好きじゃないんですが、ヘルメットは単体で使うもんだしなんらかの操作を要求される訳でもないので、個人的に「大丈夫」と判断しています。

ヘルメットには飛来物防止、落下時保護、電気絶縁、という3大スペックがあるんだという事がわかっていただければ幸いです。

|

« ヘルメット Petzl「バーテックス ベント」 | トップページ | シェリルとウェススパーのカタログin2009 »

基礎きそ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/33327672

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメットの規格について:

« ヘルメット Petzl「バーテックス ベント」 | トップページ | シェリルとウェススパーのカタログin2009 »