« 雑感 03/12 | トップページ | シェリルの2010カタログでたー! »

2010年3月13日 (土)

ヘルメットのイヤマフ・バイザー・サイドスロットについて

最近ずっとKaskのSuperPlasmaTCっていうヘルメットについて調べているのですが、その副産物として、ヘルメットのサイドスロットについてある程度わかったので、書いてみようと思います。

まず初めに言っておきますが、ツリーワーカー・林業従事者・特殊伐採屋は必ずイヤマフとバイザーをヘルメットに装着しておくべきです。イヤマフをわざわざ外して使っている私が言えた話じゃないんですが。バイザーじゃなくてゴーグルでもいいです。
それでもやっぱり装着しておくべきですよ。バイザーは本当に便利ですし、私の持ってるイヤマフ(H10P3E)がでか過ぎるだけです。もっと小さいのを買ったら装備するつもりです。

見た目にも「なんかこいつは仕事できそう!」感が醸し出せます。胸ポケットにペンをさしておく、みたいなもんです。こういうのって案外大事だと思う訳です。


【イヤマフとバイザーの基礎知識】
バイザーとイヤマフをヘルメットに装着する場合、イヤマフの方にヘルメットと合体するアタッチメントが付属しています。そしてイヤマフのオプションとしてバイザーがある訳です。
だからバイザーだけ買ってもヘルメットに装着できません。イヤマフを必ず買う必要があります。(ただし一部例外はあります。)


【2大メーカー】
イヤマフなんですが2大メーカーがあります。PeltorMSA Sordin(以下:MSA)です。そしてPeltorの方が大きい市場を持っています。と言うかMSAのイヤマフが売っているのはイギリス圏くらいです。北米・EU圏はPeltorのみ取扱がほとんどです。

Peltor→スチールのイヤマフセットにOEM供給 (実例)(OEM版
MSA→ハスクバーナのイヤマフセットにOEM供給 (実例)(OEM版

という関係にあります。


【Peltor】
Peltorはイヤマフ、バイザーキット(バイザーと装着部が別売りの場合あり)、レインカバーから構成されています。レインカバーは必須ではありません。
バイザーは黒色塗装金属メッシュ(V○A)、ナイロンメッシュ(V○B)、ステンレスメッシュ(V○C)の三種類があります。さらにひさし付きのバイザーがたまにあります。

:日本のショップでPeltorのイヤマフを売っているところを見つけました(こちら)。末尾が「P3E」タイプがヘルメット取付用です。なんとイヤマフなしでバイザー取付可能な「P3EV-2」なるものもあります。
ここで売っているバイザーはひさし付タイプ(V4C)ですので、バーテックスに合うかどうかわかりません。またスロットなしのヘルメットに取り付けるアタッチメント(P3BV-2)は木にひっかかったら外れてしまいそうなので注意してください。

もしくはスチール取扱店で注文するかです。パーツ単位で購入できるかどうか不明です。


【MSA SOLDIN】
MSAはイヤマフ、バイザー単体、バイザーホルダー、ひさしから構成されています。こちらのサイトがわかりやすいです。単体で購入する場合それぞれを注文する必要があります。ひさしは必須ではありません。

:こちらは見つからず…MSAジャパンはあるんですけどねー。
その代わりハスクバーナ取扱店で購入できるはずです。パーツ単位で売っているネットショップが数件ありますし(例えばここ)、ハスク取扱店に頼めばひっぱってきてくれるでしょう。


【サイドスロットについて】
Peltorはサイドスロットタイプとネジ留めタイプがあります。サイドスロットタイプを無理やりネジ留めタイプのヘルメットに装着することは可能みたいですが、ちょっと怪しいです(ここの情報)。ただ、この2種類の違いはスロット部があるかどうかだけのような気もします。
MSAはサイドスロット一種類のみっぽいです。こっちはそのままじゃネジ留め式ヘルメットに装着できません。

PeltorかMSAをセットにして売っているヘルメットはほぼサイドスロットを採用しています。それ以外のメーカーのイヤマフをつけている場合、特殊なスロットを採用している可能性があるのであまり手を出さない方がいいです。この辺はあまりよくわかっていません。

ハスクバーナ、スチール、ペツルバーテックスの3種類はどれも同じサイドスロットです。バーテックスを買った方は、スチールやハスクのイヤマフセットを装着する事が可能です。


【変換アダプター】

また、ショップ特製のアダプターを別途装着してサイドスロットにしている場合があります。例えばエクリンロック用のアダプターや、ネジ留め式ヘルメットにサイドスロットを取り付ける為の変換アダプターがあります。

この変換アダプターが非常にくせ者でして、ショップ単位で存在したりしなかったりします。単体で売っていたり売っていなかったりもします。欧州圏のショップにはイヤマフセットのヘルメットがたくさんありますが、購入前にスロットと変換アダプターについてメールで訊いておいた方が無難です。アダプターが壊れてもその店で入手できない可能性があります。

例えばこれ。ブラックダイヤモンドのハーフドームに無理やりPeltorのイヤマフセット(サイドスロットタイプ)を取り付けています。私はこの店でしか売っているのを見た事ありません。滅茶苦茶シブいですが、この変換アダプターはこちらのネットショップでは売っていません。ここが壊れたら非常にめんどくさいです。



【最後に】
今回、ペルターのイヤマフを日本で買えるお店を見つけられて非常にうれしいです。ちなみにKASK「SuperPlasmaTC」はネジ留め式です。

|

« 雑感 03/12 | トップページ | シェリルの2010カタログでたー! »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/33756978

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメットのイヤマフ・バイザー・サイドスロットについて:

« 雑感 03/12 | トップページ | シェリルの2010カタログでたー! »