« さらにRIGをちょっと使ってみた | トップページ | フォレストワールドがおもしろい »

2010年4月11日 (日)

スローラインのコツを探る

以前からあきれるほど言及していますが、私はスローラインを投げるのが壊滅的に下手くそです。山現場の昼休みにちょくちょく練習しているのですが、他のおっちゃん方にいつも失笑されております。

普段はスローラインを投げずに竿で直接枝に引っかける方法でやっています。これはこれですごく良い方法だと思っています。気軽にスローラインをぶん投げられる現場ってのもあまりないんで。
対象木のすぐ傍に家があってウェイトが屋根にあたりそう、周りの木が込みすぎてて投げるスペースがない、対象木の枝が込みすぎてて…などなど。公園等の孤立木ならともかく、現場の対象木って条件の悪い場所が多くないですか?

とは言え、やっぱりですね、スローラインを正確に投げる技術とウェイトを自由自在に操る技術は必須だなと常々思います。だってビシッと決まったらかっこいいですし、作業時間の短縮に一番繋がると思うんですね。

そんな訳で私なりにスローラインのコツを探っていきたいと思います。繰り返しになりますが、私はほんっとに下手です!誰かコツを教えてください(泣)

【達人のムーブを見てみよう】
まずはこの動画を見てください。この腕の動きがポイントなんだろう。他のDVD等を見てても、皆さんだいたいこんな感じの腕の動きです。

ポイントとしては…こんな感じ?
1.ウェイトの振り子運動に素直に合わせる。無理やり振らない。
2.ワキを開かない
3.ひじの高さは一定で、前後に動く。体より後方にはいかない。
4.上腕部は小さい上下運動。ウェイトの位置に合わせて。
5.ウェイトが前方にいった時、ひじを伸ばしてその動きにつきあってあげる。
6.リリース時はヒザのバネを使う。
7.目標に向かって投げるというより、ウェイトが目標を向いた時に手を離してあげる。

この動画はおそらく樹高25m地点あたりを狙っているのでリリース時の動作が派手ですが、練習初めのうちはもっとおとなしい動作でやるほうが上達は早いはず!たぶん!

【早速挑戦してみる】
部屋の鏡で振り子運動の動作確認をした後に実際にやってみたところ、以前より遥かに精度が上がりました(笑)。どんだけ下手&練習してなかったんだって話ですね。

でもリリース時の最終振り子動作がまだよくわかりません。せっかく作った振り子運動がこのタイミングで緩んでしまっている気がして仕方ないです。ここは練習あるのみですかねー。

【FoxTail】
ちなみにシェリルでスローライン練習用のおもちゃが売っています。FoxTailっていう商品。でもこれって実際のスローライン動作と違う動作にならない?と私は半信半疑です。
何故か公式動画を見つけたので貼っておきます。ガキんちょがかわいい!六歳児以上が対象らしいです(笑)。

|

« さらにRIGをちょっと使ってみた | トップページ | フォレストワールドがおもしろい »

基礎きそ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつもこちらのブログは参考にさせていただいております。
スローライン、僕も苦労しております。
仕事が終わってからずいぶん練習してるんですが、良い時と悪い時があって安定しません。
悔しいですよね~~~。
仲間にスパッと掛けられると特に!
うまくなりたいものですね。
また是非続報お願いいたします~。

投稿: ケンタ | 2010年4月14日 (水) 21時14分

ケンタさんこんにちわ!

やっぱスローラインって難しいですよねー。「スローラインを制した者がツリーワークを制する」って言っても過言じゃないような気がします。センスのある方が羨ましいです。

>悔しいですよね~~~。
>仲間にスパッと掛けられると特に!

めっちゃわかります(笑)。あの悔しさは半端ないですね。一緒に山仕事している木こりのおっちゃんに「おもしろそうな事してるやないか、ちょっとやらしてくれ」と見事に枝にかけられた時はさすがに心が折れました。

「スローラインといえばあいつ!」と言われる日を夢見つつ、共に頑張っていきましょう!

投稿: フリップ | 2010年4月15日 (木) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/34173258

この記事へのトラックバック一覧です: スローラインのコツを探る:

« さらにRIGをちょっと使ってみた | トップページ | フォレストワールドがおもしろい »