« ウェビングのまとめ方(チェーンノット) | トップページ | ヤニクリーン! »

2010年6月17日 (木)

手鋸について(もしくはシルキー愛)

私が普段使っている手鋸です。どれもシルキー製です。シルキーLOVE!写真ではヤニがこびりついていますが気にしない気にしない。

左:ゴム太郎270mm
中:ズバット300mm
右:スゴイ360mm
Dsc00468_s

ノコ刃のみ。
Dsc00470_s

ノコ刃のアップ。ヤニが汚いですね…(泣)
Dsc00471_s

先端部。スゴイは先端が刃になっています。
Dsc00472_s

【ゴム太郎270(荒目)
初めて私が手にしたシルキー製ノコギリがこれでした。それまではスーパー剣竜を使ってたんですが、雑木内を漕いでたらすぐに落としちゃうんですよね。年に1回は山で落としていたと思います。

何か良いモノはないかと探してたところ、知りあいのおっちゃんに薦めてもらったのがゴム太郎でした。ゴム太郎にしてから山で落とした事はありません。グリップ部が鞘からあまり飛び出さないので雑木にひっかかりにくいんですよね。

切れ味も申し分ないです。剛性もいい感じ。剛性があるから切っている時にノコがぶれにくいんです。個人的にはもうスーパー剣竜は使う気になれませんねー。現在はチェーンソー仕事時の補助用ノコとして持ち歩いています。

【ズバット300】
カーブソーです。これを使うまではカーブソーを小馬鹿にしていたんですが、実際に使ってみてビックリたまげました。こ、これは切れる!!ゴム太郎の比じゃないです。ザクザク切れます。まさにズバッと切れます。特伐時のチェーンソーの出番が減りました。

一緒に山仕事してるおっちゃんにちょっと貸してあげたら「すごい楽に切れるやん!俺も欲しい!」と言っておられました。

300mmを買った理由は、私ったら背が低いので(身長164cm)、あまりでかいノコを持ち歩くのも何だしなーと思ったからです。でもそんなに気にならないから330mmを買っても良かったかも。

私の知る限り、300mmと330mmのみ(アーボリスト用と書いてある)、グリップ部分に穴があります。ここに落下防止用の細引きが通せます。270mm以下には穴がないと思うんですよね。あと、この穴があきだしたのは結構最近なハズなので、旧式(パッケージにアーボリスト用と書いていない)のやつには穴がないかも。まあでもズバットが店頭にある事なんて滅多にないはず。仕入れてもらったら穴は空いていると思います。

特殊伐採作業時のみならず、山を駆けずり回る仕事の時もこれを使っています。ノコを使う場面が想定されるならこれって感じ。今はこれがメインですね。ゴム太郎の出番を完全に喰っています。

【スゴイ360】
カーブソー。これまた使うまでは小馬鹿にしていました。どう考えてもアメリカ仕様の大きさだろ、日本人が使う代物じゃねえなっ、使ってる奴はただの目立ちたがりだろって感じで。それが…使ってビックリ!まさに凄い、凄い切れ味です。

決してズバットの大型版ではありません。両者では切っている時の感覚が確実に異なります。

ズバット以上の切れ味を誇ります。あまり上記2種のような「シルクのような切れ味」って感じではなく、ガシガシ・ザクザク切るって感じ。φ15cmくらいの枝なら気軽に「スゴイで切ろっと」と思えます。CDくらいの直径ですね。ノコで切る前に気合を入れる必要がなくなりました。これが重要。そして体力の消耗が少なくなりました。

スゴイは先端が刃物になっています。ツル伐り用途らしいです。手の届かないロープをノコ先でひっぱってきたい時など、刃はけっこう邪魔になるので、普段はここにビニールテープを巻いています。

ただまあ、さすがにここまで来ると、φ2cm程度の小枝を綺麗に切れなくなります。ノコ刃が引っ掛かってうまく切れないんですね。なのでスゴイを持つ時は、小枝剪定用にもう一本ノコを持っていきます。

あと、さすがに図体がでかいので特伐時にしか使っていません。それもハーネスのギアラックにぶら下げ。これを足につけられる日本人は少ないでしょう。私としては足装着用の羽(ケースの左右に飛び出している部分)を削り落としてやろうかとも考えています。ギアラックにつけている分にはでかさは気にならないです。

いやほんと、これには助けられています。チェーンソーの出番がますます減りました。どうせならもっとデカイノコギリが欲しくなります。海外仕様のイブキ390とかスゴイ420とかかっちょいい。今気付いたんですが、ズバット390ってのもあるんですね。実はカタナボーイ(これは日本でも売っている)も気になっています。

【まとめ】
万能選手のズバット、特伐のスゴイ、チェーンソーのお供にゴム太郎。だいたいこんな感じで使い分けています。

切れ味に関して、あくまで私のイメージです。擬音語ばかりでさっぱり伝わらないだろーなーと思いながら書きました(笑)。切れ味比べの動画を撮っても正確に伝わるかどうか…まあ今度暇があれば撮ってみよう!

今度ユーロ圏で買い物する機会があれば「SawPod」を買おうと考えています。もしくは「ベルクロフィット」。で、こっちにスゴイ使用時のサブ鋸を着けたい。…やっぱレッグホルスターってかっこいいじゃないですか!お、何かあいつはできる奴っぽいぞって思われそうじゃないですか!

あと私はノコをギアラックにかける用のカラビナにブラックダイヤモンドの「ミニペアラビナ スクリューロック」を使用しています。上の写真だと、スゴイについているやつ。何故かと言われると、何となくです。「どうでもいいカラビナはBDのカラビナを使う」という全くもって何の根拠もない自分ルールがあるからです。幅広なので使いやすいですよ。

|

« ウェビングのまとめ方(チェーンノット) | トップページ | ヤニクリーン! »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。いつも勉強させて頂いております。

ワタシも特伐の時は「スゴイ」を使用してます。
ちなみに足装着派です。不二子ちゃんぽくて気に入っているんです。

普段の手入れでは、以前はシルキー「めばえ」派でしたが、最近は「丸源」のノコを使ってます。
使い始めたら気に入ってしまい、240・270・330の3本使い分けてますね。
http://homepage2.nifty.com/marugen-nokogiri/
良かったらお試しあれ。

投稿: joe-yan | 2010年6月18日 (金) 21時34分

joe-yanさんはじめまして!ブログの方、拝見させていただいております!(あのう…リンク張らせていただいてもいいですか??)

おおう、足装着派っすか!う、うらやましいです…。鞘から取り出す時にハーネスまわりのロープ切断を気にしなくてよさそうでいいなーと思いつつ、両親から受け継いだ短足のせいでできないんですよね(泣)。


丸源ってメーカーは初耳です。これも良さそうですねー!
でもこのタイプの鞘って、

雑木林でツルとか気にせず獣道をガシガシ歩く⇒ノコの柄が枝に引っ掛かる⇒何故か偶然ホックが外れる、もしくは革部分が裂ける⇒ポロリと落とす⇒
1時間後気付く⇒ぐちゃぐちゃの雑木林を戻って探す気にならず⇒「あの山のどこかに私の鋸が眠ってるんだなー」とその現場を見るたびにもの悲しくなる…
というスーパー剣竜時代の悲劇を繰り返しそうで(泣)。

私のフィールドは荒れ放題の山が多いもんですから、「ノコを落しにくい」っていうのも個人的に重要なポイントになると思っています。

あとできれば鞘底に空気孔が欲しいんですよね。木くずが鞘に入った時に掃除しにくいんで。この点はシルキーさんのノコももっと大きい孔をつけてほしいです。

でもこれほんとよく切れそうですねー。だから、だからこそ、鞘をもうちょい改善してくれたらと思わずにはいられないです。

素敵な情報をありがとうございます!こういう情報いただけると道具好きとしてはうれしくてたまんねえっす(笑)

投稿: フリップ | 2010年6月18日 (金) 23時48分

フリップさん、おはようです。
先日はどうもありがとう。

鋸ですが僕も同じ構成です。
普段使いがゴム太郎270、特伐がズバット300。
ゴム太郎はゴミくずが抜けやすいようにケースの下(底)を削って広げてます。

んで実はスゴイを買うか凄い迷ってまして。
どうにもケースが邪魔に思えて。
またとりあえずズバットがあれば、いいかとも考えたり。
「working climber2」でのイブキの切れ味を観ると、やっぱりでかい鋸があったら便利かな〜とも思ったり。
いや、かえって大きすぎて取り回しが面倒ではないかと思ったり。

ま、要するに誰かに背中を押してほしいのかな。

投稿: でき杉 | 2010年6月19日 (土) 08時41分

でき杉さんこんにちはー!
こちらこそ先日はどうもでっす!

ほんと全く同じ構成ですね(笑)。ゴム太郎の底を削るアイデアいいですねー。私も削ってやろうと思います。

実は私もワーキング・クライマーを見て「イブキ」を買おうと考えたんですよ。でもせっかく日本で買える「スゴイ」があるんだからこっちにしようかなと。(ふらりと入ったお店でたまたまスゴイが売ってたから衝動買いしちゃった、というのは内緒です。)

で、現場で使った結果、もうこれなしじゃつらいです。ズバットとは次元が違う気がします。

個人的な感覚では、切ってる感触はズバットの方がサクサク切れて気持ちいいんですよ。力がいらない感じがします。
それに対して、スゴイは力を入れた分だけ素直に反応してザックザク切れる感じ。切ってる途中に「あれ、もうこんなに切れてるの?」とよく思います。ノコ刃もさることながら、グリップの形がいいんでしょうね。

ケースはそれほど邪魔にならないですよ。例えがおかしいかもしれませんが、チェーンソーぶら下げるよりはよっぽど邪魔になりません。
足装着用のストラップ取付穴が図体を大きく見せているだけで、使いだしたら気になりませんよ。

それにケースのでかさを活かして、スゴイケースに別のサブノコ(240mmくらいの)をビニールテープで固定するのもかっこいいかも…なんて妄想しています。

いやーほんと便利ですよ!あの切れ味をうまく説明できなくて悔しいくらいです。微力ながら思いっきり背中を大プッシュします!

投稿: フリップ | 2010年6月19日 (土) 12時17分

フリップさん、ありがとう。
え〜い、買ってしまうか!

次に樹上作業の写真をブログに載せる時は、腰に黄色いケースがぶら下がっていると思います。

投稿: でき杉 | 2010年6月20日 (日) 22時34分

でき杉さん、こんばんわー!

こいつはほんと自信を持ってお薦めできます。
黄色いケースのかっちょいい写真を目撃する日を楽しみにしております!

投稿: フリップ | 2010年6月21日 (月) 00時05分

返事遅くなりました。
ワタシは山に入ることが基本的に少なく、いわゆる植木屋仕事が多いもんで、あのようなノコを愛用してるんです。
だから、実は普段はノコより鋏の方が出番が多いデス。
剪定鋏・木鋏・ノコが腰道具の標準ですね。

特伐的作業はメッタに頼まれないし、営業もしてないんでスゴイの出番は少ないっすね。
ほとんど、と言うか全くの趣味となってますわ。

リンクの件は「こんなワタシでよかったらいくらでも」デス。
今後ともよろしくです。

投稿: joe-yan | 2010年6月21日 (月) 23時36分

joe-yanさん、どもですっ。リンクの件、快諾していただきありがとうございます。早速張らせていただきます!

私の場合、普通の林業よりも更にエグイ場所(一面ササ藪+葛が繁茂しているとか)に踏み込むことが多いので、この辺が特に気になるんですよねー。嗚呼それでも使ってみたい…!

自分の目的・条件に合わせて道具を選ぶ楽しみっていいですよね。でも我ながらそれが行き過ぎてアンテナとか視野が狭くなっちゃっているので、こうやってこだわりマイ道具を教えていただけるとほんと嬉しいです。選び抜かれた道具ってそれを使う人の理念を映すと思うんですよねー。

私も特伐はまだまだ趣味みたいなもんですよ。えらくお金のかかる趣味ですが(汗)。都市近郊型の林業とは何かを模索しているところです。そんな訳で最近樹木医や造園系の技術に興味津々です。

こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願いいたしまっす!

投稿: フリップ | 2010年6月22日 (火) 21時04分

吉井フリップさん♪
先日、○○○○○(管理人:伏字に修正いたしました)させていただいた、宮脇裕佳子ですribbon
お久しぶりです!!!!近都さんの方からブログの事を聞き、さっそく拝見させていただきました★
SILKYの事、たくさん書いてくださってありがとうございます!!
そして、個人的に…ブログも読んでくださっているみたいで…ありがとうございますlovely
こうやってユーザーさんの声を直接聞けるという事は本当に嬉しいですし、活力になりますね!!!!夏休みが3日だけでも…へっちゃらですscissors

これからもSILKYラブでいてもらえるように…頑張ります♪

危険なお仕事ですけど、気をつけて下さい!

それでは!!!!!

投稿: silkyなlady* | 2010年8月11日 (水) 16時16分

silkyなlady*さん、こんちはーっす!先日はありがとうございました!

いやーシルキーの切れ味は最高です。切れ味のいい鋸を使うと体力の消耗が防げますし、チェーンソーに頼らなくて済むので、安全面においても非常に助けられております。
そして…クリワリ君にもいつも助けられています(笑)。あれはシルキーの隠れた名作だと信じて疑いません。

ブログもいつも楽しく拝見させていただいております。「ゆるしっかり」した素晴らしい文章だよなぁといつも感嘆している次第です。

大変、大変申し訳ないのですが、折角いただいたコメントをちょろっと修正させていただきます(汗)。非常に心苦しいのですがどうかご了承くださいcoldsweats01

投稿: フリップ | 2010年8月11日 (水) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/35303817

この記事へのトラックバック一覧です: 手鋸について(もしくはシルキー愛):

« ウェビングのまとめ方(チェーンノット) | トップページ | ヤニクリーン! »