« ヤニクリーン! | トップページ | Eye-to-Eyeなコード(追記:0715) »

2010年6月20日 (日)

のぼっ太郎

先日、ちょっとした木登り仕事があって木を伐りにいっていたんです。まあ別に高枝切りノコでもできるような仕事だったんで、仕事の事はさておいて。

その家主のおっちゃんの趣味が「自分の山の手入れ」らしく、「おもろいもんあるから見せたるわー」と言って、見せてくれたのがコレ。

「のぼっ太郎」くんです!
Dsc00436_s

巷では「与作」の名前の方が浸透していると思いますが、これは「のぼっ太郎」です。何が違うって、や、たぶん全く同じもんなんでしょうが、ラベルにのぼっ太郎って書いてあるんだからしょうがない。(↓よーく見ると光が反射してる辺りに「太郎」の文字が書いてあります。)
Dsc00437_s

で、仕事をズバッと終わらせてから、おいちゃん自慢の山で試しに使わせていただきました!(おいちゃんの言葉に従って、ハーネスじゃなくて安全帯を使用しています。)
Dsc00447_s

【メカニズム】
たいしたメカニズムではないです。V字の支柱とワイヤーでU字吊りして、ゴムで保護されたレッグが支点となり木に当たって安定する。

で、これを足用とサドル用で2つ。足用に体重預けてサドルをあげる⇒サドルに座って足用をあげる。これを延々繰り返す訳です。尺取り虫的な動きです。

言葉にするとややこしいですが、この写真見たら一発でわかるでしょう。(サドルが固くて痛いので座布団を巻いておられます。)
Dsc00441_s_2

V字支柱は固定されている訳でなく、ある程度動きます。裏にスプリングが忍ばせてあるんですね。荷重をかけるとVの角度が狭くなります。支柱が幹に近づく訳です。

これが荷重を抜いた状態。
Dsc00462_s

で、荷重をかけるとこうなります。Vが狭くなっているのがわかるでしょうか。このおかげで安定性が更に増しています。
Dsc00461_s

【極個人的な感想】
感想ですが、これいいですね。想像以上に安定していました。ただお尻がすごい痛かったです。サドルが固すぎるんですよねー。

足側の器具は安定して問題ないんですが、サドル側の器具を数回落っことしそうになりました。荷重の抜き方が下手くそだったんでしょうね。サドルから立ち上がるときは器具を手で持ってあげる必要があります。もしくは太ももをバシッと締めこむか。

重量もそれほど気になりませんでした。持ち運びやすいです。ロッキーラダーを3本持って山中を移動するかこれかと聞かれたら、私はこっちを選びますね。

ただまあ、全て枝打ちしながら直立した幹を登っていく状況が前提の製品でしょう。残置枝があったらそれ以上は登れません。使うとしたらスギ・ヒノキ限定ですわな。

あと太すぎる樹は登れません。だいたい胸高直径35cmまでってとこじゃないでしょうか。その代わり、細いヒノキには抜群の相性です。

なので、自分の山のスギ・ヒノキの枝打ちをしたい。しかも6m以上までやりたい。という方には非常におススメじゃないでしょうか。ちょっと練習したらグイグイ登っていけますし、両手が使えるし、いつでも休憩が可能です。安定感は非常にあります。

が…私は買わないだろなー(汗)。 現実問題として私は枝打ち施業にほとんど出くわした事がありませんし、もしあったとしても6m(ロッキーラダー2本+自分の腕の届くまで)以上の高さまで枝打ちするような仕事は絶対ありません。全く枝打ちしてない山で間伐をせにゃならんような事がたまにあるような地域なので。

でも特伐仕事でスギなどの木を登る時、足用の器具だけ使うといいかも、と考えています。足用器具にプラスして、チョーク掛けした短いロープにRIGでぶら下がれば「尺取り虫ムーヴ」は可能だと思うんですよね。

【補足】
こいつについて詳しく知りたい方は「与作」の販売元である「和光商事」さんの当該ページをご覧ください(こちら)。動画による説明もあります(こちら)。

また、今回私が使用した「のぼっ太郎」は谷口製作所ってところの製品みたいです(こちら)。京都の会社ですねー。印刷業がメインの会社みたいですが、たぶん色々な歴史があるんでしょうね。

|

« ヤニクリーン! | トップページ | Eye-to-Eyeなコード(追記:0715) »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/35211328

この記事へのトラックバック一覧です: のぼっ太郎:

« ヤニクリーン! | トップページ | Eye-to-Eyeなコード(追記:0715) »