« カラビナの形状の種類 | トップページ | 「カラビナを片手で開ける」の巻 »

2010年9月21日 (火)

雑感:0921 ロープは伸びる

【秋の夜長に昔話でも】
ロープって伸びますよねー。ツリーワークで使用するようなロープはあまり感触はありませんが、ロープアクセスでよく使用されるセミスタティックロープは案外伸びます。50mくらい下降するとビヨーンビヨーンとロープが伸び縮みするのがわかります。

それでは実際に50mくらい下降して地面に着地したとしましょう。登り返す前に一息つこうとロープから手を離した瞬間、ビョイーンと縮みあがります。

いかんっ!と思った時には後の祭りでして、ロープ長がぎりぎりだった場合はロープ末端に手が届かなくなる事もあります。あれはすんごい情けない気持ちになりますし、その後の処理が非常に大変です。

そんな訳でこちらの動画はいかがでしょうか。大分県の昔話らしいです。こんな時代から「ロープを使って下降する」職業の方がいたんですねー。それにも驚きました。何とも言えない気持ちがわかってもらえたら幸いです。

まんが日本昔ばなし「吉作落とし」



【近況:スプライス始めました】

スプライスを始めました。現在はダブルブレイドclass1のアイスプライスをせこせこ作って遊んでいます。マークXからポイントZの間、1/3Fidに苦しめられています。サムソンのチューブラーフィッド+プッシャーを使用しているんですが、ブライアン・トスさんのワンドを買えばよかったんでしょうか…?DVD見てたらすっごい便利そうでビックリしました。「そりゃ押すより引いたほうがいいよね、値段高いだけあるわなー」と妙に納得です。

個人的にイェールBlazeよりサムソンVelocityの方がスプライスしやすいです。外皮の編み方が違うような気がしています。どうなんでしょうか。Blazeは前述の1/3fidがどうしても無理なので、ユーズドロープ式のスプライスで遊んでいます。

まあ荷重テストしていないので、本当に成功しているんだかどうなんだか、よくわからないです。でもスプライスは面白いですね。

アイ加工したBlazeとアイステイルの組み合わせをメインロープにすべく、のんびりがんばっていきます。

|

« カラビナの形状の種類 | トップページ | 「カラビナを片手で開ける」の巻 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっています
この山には登った事があるのですが
そういえば有りました 吉作落とし
吉作さんのお話は知りませんでした ありがとです 
動画見てたらネパ-ルの蜂蜜取りのおっちゃん思い出しました
http://www.youtube.com/watch?v=Wp_kevGjpqw
おっちゃんが今ではリグ使って仕事してたらチョッとヤダなぁなんて勝手な事思ったり・・・
この人たちをテーマにした写真集がカッコ良くて 買いそびれたのを未だに後悔しています

投稿: ぶん | 2010年9月22日 (水) 01時08分

ぶんさんこんにちはー。

うおお、この動画すごいですね!めちゃ感動しました!相当高そうですよねこの岩壁。私はこんなとこをラダーで降りる勇気ないです(汗)。生粋の職人って感じですねー。このおっちゃんは蜂にさされないんでしょうかね?
写真集も是非見てみたいものです。マニアックかつワンダフルなテーマです!日本に売っていないもんなんですか?
ネットで検索していたら、今月の頭にBSでハニーハンターの放送があったんですね。ちくしょー見たかったです!!!

投稿: フリップ | 2010年9月22日 (水) 17時06分

フリップさん、よく見つけましたねこの動画。
 その上に驚いたのが「ぶん」さんのつけたコメントでしたっす。
 本当に在るんですね吉作落しという場所が。

 いやぁ~実に面白かったっていうか、しんみりとさせられるような昔話ですね。

 まあ、木登りでのセオリーどおりのDdRTではロープ末端を手で持って降ろしたバイトが着地することを確認するってことでOKな訳ですけど、ロッククライミングなどのシビアな世界では書いておられるとおりの実感もあるんでしょうね。 おそろしや・・・ shock

 木登りでバンジー性のあるロープは使ったことがないのですが、リギング用ではスタティック5/8インチメインで、サブにダイナミック1/2インチを使ってます。
 スペースなどディメンジョンに余裕のあるときにはダイナミックロープ利用もアリかな って程度の感触ですが。

投稿: 月光仮免 | 2010年9月22日 (水) 17時15分

月光仮免さんこんにちは!

この昔話はリアルな実話なんでしょうね、何の教訓性もなく身も蓋もない感じにただただ恐れ入ります。素朴かつシビアですよね。

ダイナミックロープじゃなくてもセミスタティックロープ、例えばエーデルリッドのセーフティースーパーなら、SRTで長距離になると案外伸縮するもんですよ。一度やらかしている私にとっては、この昔話は教訓になります(汗)。

ダイナミックロープ、私はハンドアッセンダー用ランヤードとフリップラインに使用しています。この程度の長さでの使用なら伸縮も気にならないですし、短距離墜落時にバンジー性を期待できるので、個人的にナイスチョイスだと自負しています。問題はメーター売りしているお店がドイツのFreeWorkerくらいしかない事でしょうか。

ポリダイン(ダイナソーブ)欲しいんですよー!ダイナミック性能も期待できますし、何よりWesSpurで買うと、実は他のDBリギングロープより安い!という経済性に惚れています(笑)。


投稿: フリップ | 2010年9月22日 (水) 17時55分

お久しぶりです。
えーと、遅ればせながらリンクさせていただきました。
今後とも一つよろしくお願いします。
o(_ _)oペコッ

投稿: kikori_toyama | 2010年9月29日 (水) 19時33分

kikoriさんこんにちはー!
いつも楽しく拝見させていただいております。最近すごい更新されていますよねー。私も見習って頑張っていかねばと思うところです。
こちらこそ今後とも色々と宜しくお願いいたします!

投稿: フリップ | 2010年10月 1日 (金) 22時07分

この昔話、いい話ですね。
即、社内回覧しました。
いや、僕らも職業上、この過ちを犯しそうになるんですよね。
「安易にロープから離れるな」と教育はしているのですが、長時間の作業のあとに、自分の足で立てる場所にたどり着くと、ロープにぶら下がっている状態から開放されたくなって、無意識にロープから離脱しちゃいたくなるんですよ。

投稿: 山口宇玄 | 2010年10月13日 (水) 11時20分

このミスって結構ありがちですよね。私は恥ずかしながら実体験しました。下降器からロープを開放した瞬間にロープが縮んで末端に手が届かなくなった、あの時の悲しさは筆舌に尽くせません。

この動画にあるような岩壁のちょっとしたテラスでロープから離れる事はまずないでしょうが、例えば、橋の欄干から長距離下降して河原に降り立ったら、ついうっかり自分の体重を地面で感じたくなるもんですよね。

投稿: フリップ | 2010年10月13日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/36723227

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:0921 ロープは伸びる:

« カラビナの形状の種類 | トップページ | 「カラビナを片手で開ける」の巻 »