« 感動にうちひしがれる | トップページ | TEUFELBERGER社について »

2010年12月22日 (水)

ビッグショットのトリガーシステム(10/12/27追記あり)

(追記10/12/27)うーん、この方法はやっぱり危険な気がしてきました。詳しくはコメント欄をご覧ください。このスナップシャックルを流用できる、もうちょっと安全な方法を考えてみようと思います。このシステムを試される方は「カラビナより下でポールを握る」ってのを絶対忘れないでくださいね!

(本文ここから)
何度も申しておりますが、私はスローラインを投げるのが壊滅的にド下手です。こないだみんなが見ている前で投げた時なんて後ろに跳んでいきましたからね!あれは自分でもさすがにびっくりです。

そんな訳でついにビッグショットを購入しました。他にも30mクラスの樹木を登った時にアンカーの架け替えに相当苦労したからっていう理由もあったりします。

個人的にはビッグショットにトリガーは必須だろうと考えています。あれのゴムは相当堅いので、手のチカラで引っ張りながらだとそればっかりに苦労して、照準をきっちり合わせられません。何らかのトリガーシステムで引っ張ったゴムを留めておいて、ワンタッチで外れるようなシステムを組んだほうが絶対便利なはずです。

という事で作ってみました。頑張って動画も撮ったのでとりあえずこちらをご覧ください。ボカシをいれるのがこんなに大変だとは思わなかったです。近所の友人にやってもらったんですけどね(笑)。

【必要な機材】
必要な機材はスナップシャックル、スリング、カラビナ、の三点です。

スナップシャックル
今回のシステムの根幹を担うものです。シェリルなどで売っているスナップシャックルはウィチャードwichardっていう名門メーカーのものなんですが、いかんせん値段がはります。なんかいいのないかなーと探している時に出会ったのがこれ。浅野金属工業さんのスナップシャックルです。 私はこちらのお店(海遊社)で「スナップシャックル 71 固定」をネット購入したんですが、この値段なら悪くないでしょ。ちなみに海遊社さんでもシェリルにあるスナップシャックル(クイックリリース・スナップシャックル)とまったく同じものが売っています。
ちなみに写真には写っていませんが、トリガーの取っ手(写真:人差し指の先辺り、キーホルダーのリングみたいな奴)にスリングをつけて延長してあげないと、はずした拍子にゲートが指にあたって滅茶苦茶痛いです。動画ではダイニーマスリングをつけていますが、はっきり言って長すぎて邪魔です。R0016679_s

スリング
上の写真に写っている黒いコードの事です。ビッグショットのポールにプルージックで留めています。このおかげでゴムをぐいぐい引っ張ってもスナップがずりあがっちゃう事はありません。まあどんなコードでもいいです。適当に手持ちのやつでもいいですし、登山用品店でメーター売りしているアクセコードでもいいです。

カラビナ
ビッグショットのヘッドとトリガーを連結する為のものです。(今回紹介するシステムではヘッドとスナップを直接連結するのはかなり厳しい。) ベントゲートがクリップしやすくていいですが、別に何でもいいでしょう。安全環は全く必要ないです。ビッグショットを購入するような方なら、カラビナくらい余っていると思いますのでそれを使用したらいいと思います。
ただここで使ったカラビナは変な衝撃荷重がかかっている恐れがあるので、トリガーシステム専用にした方がいいと思います。つまりここで使ったカラビナをクライミング等で使用しちゃいやよって事です。
あと、ポールを支える手にカラビナが当たらないように充分注意してください。たぶん当たったら指の骨にヒビいくんじゃないでしょうか。怖くて試す勇気もありません。R0016681_s

【セッティング】
動画を参考にしてください。セットするとこんな感じです。実はカラビナをシャックルにひっかけるのも結構なチカラがいります。倍力システムを組めばいいんですが、面倒なので私はやめました。カラビナの代わりにエクスプレススリング(ヌンチャク)でやればもうちょっと楽になるとは思います。
R0016682_s

R0016683_s

【いろいろ雑感】
今回私が払ったお金はスナップシャックル代の3000円だけです。その割に性能はサイコーです!いい買い物ができました。

TCJさんのとこでもトリガーシステムが売っていますが、正直言って高いんですよねぇ。でもあそこのシステムは倍力付きですし、トリガーもすごく使いやすそうなので、シェリルとかでクイックリリース・スナップシャックルを買うよりは断然いいと思っています。あのトリガーの出所がわかれば私も欲しいくらいです。

スナップシャックルですが、サバイバル系のお店ですともっと安い製品もあります(カトさんに教えていただきました)。私は強度的にちょっと不安だったのでパスしました。

スナップシャックルの代わりにコングの「エクスプレスフロッグ」も試してみたんですが、こちらは駄目でした。セットはしやすいんですが荷重がかかるとトリガーが外れません(泣)。いやー失敗失敗。カラビナも一緒についてきてこの値段は魅力的なんですけどねー。

【注意点】
スナップシャックルの取っ手に延長用スリングをつける、ポールを持つ手の位置に充分注意する。この二点だけは忘れないでください。本気で痛いですよ。

【最後に】
まあトリガーなんてどんな方法でもいいと思います。色々と試してみるのが面白い!スローライン関連は好き勝手やっても基本的に人命に関わらないので楽しいですね。

あと動画のめんどくささには参りました。でもやっぱりわかりやすいので、これからはちょくちょくあげていこうと思います。

以上、人柱報告でした!

|

« 感動にうちひしがれる | トップページ | TEUFELBERGER社について »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

Flip式トリガー試しました!

発射の際はカラビナよりも下の位置で棒を握る。
が必須条件ですね。

あのカラビナに何かが当たったら確実に砕けますよ(怖)。

投稿: カトさん | 2010年12月25日 (土) 20時47分

カトさんこんちはー!
おおっ早速試していただけたんですね、ありがとうございます!

で、やっぱりカラビナが危険ですよね(汗)。このシステムが成功した興奮が冷めてきたいま、ビッグショットのゴムはかなり凶器だよねーと思い始めました。
このシステムはお蔵入りにしようかなーと考えています。慣れてきた半年後くらいに自分の小指の骨をうっかり粉砕しそうな予感がするんですよね。墜落しなくても仕事で怪我したら労災な訳で、これはまずいなーと。

一応皆様に弁解したいんですが、カラビナがついてなくてもゴムが手に当たったら相当酷い事になる訳で、どんな方法を用いても「トリガーより下で棒を握る」っていうのは変わらないんですね。
……カラビナが当たるよりはましでしょうけど(汗)。

改良するとしたら、ヘッドの取っ手にスナップを直付けする方法しかないかなと思っています。
となると…うーむ、ひとつ方法は浮かんでいるんですが、うーむ。

投稿: フリップ | 2010年12月27日 (月) 18時11分

こんにちは。
今回の注文で僕も買いました。
準備段階でもたつくのが嫌いなので、これは必須アイテムじゃないのか?と思ってました。実際はどうなんでしょう?
そしてトリガーシステムもめっちゃ考えてました。TJCのs-パーショットのトリガースナップがないものか?やフリップさんが使用のスナップも僕の方も同じところに行き着いていてとても笑えました。考える事は同じだなぁと。
商品が届いたら、僕もTJC式を参考に頑張ってみようと思います。niceアイデアがあったらアップよろしくです。
来年もよろしくです。

投稿: 風人園 | 2010年12月31日 (金) 15時27分

すみませんTJC→TCJですね。

投稿: 風人園 | 2010年12月31日 (金) 17時24分

風人園さん、こんばんわー!

ビッグショットですが、私にとってはもう必需品です。もっと早く買っておけばよかったと思うほどですねー。主幹近くからの垂直打ちができるのが便利すぎます。
卓越したスローライン技術があれば、なくても大丈夫なのかもしれませんが、技術の向上を現場が待ってくれないので(汗)。でも普通に投げた方が手っ取り早い時も多いので、ちょくちょく練習しています。
トリガーシステムは…いいのが浮かばないんです。私も今のところTCJ方式が一番いいかなと考えています。でも……オリジナルな感じの方法を編み出したいんですよねー(笑)

ではでは風人園さん、また皆々様、よいお歳を!

投稿: フリップ | 2010年12月31日 (金) 21時22分

初めまして。ネットでシンギングロックのチェストハーネスについて調べていてこちらへ辿りつきました。内容が素晴らしく、相当見ました。装備が充実していて羨ましいです。
仕事は伐採屋で、普通の山での伐採と特殊伐採が6:4くらいです。
枝先に行くには体を吊るすしかないので、ザイルを多用しています。ビッグショットは以前から必要性を感じてはいるものの、お金がなくて買えません。会社側はなかなか理解してくれず、木登り道具は全て自腹です。胴綱と昇柱器だけで行ける所など限られており、仕事の違いが一目瞭然なはずなのですがね。フリップさんも全て自腹ですか?

投稿: 岩手の山師 | 2011年1月18日 (火) 17時30分

岩手の山師さん、はじめまして!

特殊伐採の割合が結構多いんですね。うちはせいぜい月に1~3回ってとこです。

特伐業務に扱う器材(クライミング器材・リギング器材)はすべて自腹ですよー。うちの社長もあまり理解してくれないので。
どんな会社に勤めるにしても、クライミング器材は自腹で買いたいと思っていますが、リギング器材はできるなら会社持ちでお願いしたい…ですね。

いろいろなものをガマンしてひたすら道具を買う日々です。正直言って大赤字です(笑)。ペイできる日がくるのか?って感じです。もう半分趣味の世界ですね。機能美に取りつかれているのかもしれません。

ビッグショットは便利ですねー。ベリーグッドです。これとブラックフィッシャーがあれば、大概の仕事は何とかなるような気がしています。
特伐ですと対象木と保全対象が近すぎてパウチを投げられない現場も多い(瓦に当たりそうとか)ので、そういう時はブラックフィッシャー10m。それ以外はビッグショットっていう使い分けをしています。

ロープにぶらさがる技術があるとすっごい便利ですし、作業方法の幅が広がりますよね。枝先にも行けるようになりますし、ポジショニングが安定するのでカットがしやすいですし。

余談になりますが、「職業は何?」って聞かれたら山師!って答えるくらいこの言葉が好きです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

投稿: フリップ | 2011年1月18日 (火) 23時44分

こんばんは。フリップさんもやはり自腹でしたか…。使ったお金は数十万でしょうに…。
一度、吊るし切りするのに最高なロープがあるから、買っていいか?と会社側へ交渉し、了解を得ました。そして支払った領収書を提出…。怒られ呆れられました。
ボロボロのロープしかない会社だったので、リギング専用のロープを買ったのです。一万円あればどんなロープも買えると思っているようです。私が今の会社に来て特殊伐採もでき、仕事が随分増えたはずなのですが、還元もされなければ手当もありません。
バイトで木に上がるのは楽しいのですが、会社の仕事で上がるのは常にイライラしています。
※深く追求した記事、とても勉強になります。

投稿: 岩手の山師 | 2011年1月19日 (水) 19時27分

>岩手の山師さん

ロープがいかに大事かって事、わかってもらいにくいですよね。
いつも仕事中に「クライミング用にしろリギング用にしろ、こういう仕事においてロープは生命線なんです!」って言っているのに、
10年以上前の使用済みダイナミックロープを持ってきて「これフリップ君のと同じロープやろ。あげるわ」と言われた時の哀しさったらなかったです。そんなロープに命をあずれられるほど、俺はまだ人生に絶望してないわい!と叫びたくなりました。

私は個人事業主みたいなもんなので、自腹で器材を買う事に抵抗はありません。自分の身を守る為なら安いもんだと考えていますし、何より欲しくなったらガマンできないですし(笑)。

でも、そもそもの前提として己の技術・成果に見合う報酬は欲しいですよね。すっごいよくわかります。常人には不可能に思える事を可能にする仕事をしているのですから、誇りを持って楽しく仕事をしていきたいですよねー。


投稿: フリップ | 2011年1月20日 (木) 21時57分

こんばんは、お久しぶりです。いつも拝見させてもらっています。いろいろな情報有難うございます。さて、今日はあるものをやっと発見したのでメールしました。それは、TCJさんのとこらで売っているトリガースナップです。クイックリリースシャクルとか色々と単語を入力して検索してもウイチャードとかしか出てきませんでしたので、諦めていたのですがあるサイトで写真を発見してそこから辿っていくと馬を洗うとき馬が暴れた時に綱をはずす時に使う(馬車の馬が暴れた時にも使う為でもあるらしい)パニックスナップということが解りました。それで検索するとアメリカやイギリスの馬具店で売られていることが解りました(なんと価格は2ドルから5ドルぐらいで)大体、台湾製だと思います。それと、アーチェリーに使うARCHERY QUICK Shotというやつも使えそうなんですが、価格が高いので使うにはちょっとだめかなと思い、パニックスナップ(セーフティナスカン)を国内で探すと1件だけヒットしました。http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/j-g-i.com/g/H321S/index.shtml
ここに早速連絡してみると快く送っていただけました。(12cmもあり厚みもあるのでメール便は無理でしたがレターパック350で送ってもらうことが出来ました合計1085円)指を引っ掛ける部分はありませんが十分使えると思います。是非みなさんに教えてあげてください!

投稿: M | 2011年11月22日 (火) 22時18分

Mさん、こんちはー!

おおっパニックスナップ!ナイスな情報ありがとうございます!

いやぁ言いにくいんですが、実はわたし、今年の正月に友人からこれの存在を教えていただいて、すでに使ってるんですよ。
早く記事にしなきゃなあと思いつつ、はや10ヶ月以上…。えへへ。
やっぱこれ便利ですよね。ビッグショットに一番いいと思います。安いですしねえ。

私信の件につきましては、後ほどメールさせていただきますねー。

投稿: フリップ | 2011年11月22日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/38177462

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグショットのトリガーシステム(10/12/27追記あり):

« 感動にうちひしがれる | トップページ | TEUFELBERGER社について »