« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の4件の記事

2011年1月27日 (木)

ARTの新製品 Snakeanchor

引き続きARTの新製品を見ていきます。今回は「Snakeanchorスネークアンカー」です。

これはなかなか難しい製品ですね。汎用性がありすぎて逆にピンとこないです。まあいいや。特徴を見ていきましょう!

【リングがこれまた不思議】
スネークアンカーのリングもライトアンカー同様に溝がありますね。そしてその中をロープが差しこんであります。利点は前回の記事でお伝えした通りです。

ライトアンカーと違うのは、スネークアンカーのリングは取り外しができない事。完全に一体化しています。リングかロープが破損したら諦めて買い換えるしかないでしょうね。リングが勝手にとれないから安心という言い方もできます。

【まるでデイジーチェーン】
本体(ウェビング)はロープを一回折り返して、ざくざくと縫いこんであります。そして7cm間隔でカラビナ等を掛けられるポケットがあります。デイジーチェーンみたいな感じですね。でもデイジーと違って、このポイントはアンカーとして使用できるだけの充分な強度があるみたいです。すげー!(ARTのサイトには破断強度についての具体的な言及はないんですけどね(汗)。)
まるでオムニスリングみたいなので、このポケットを以下「オムニポケット」と仮称する事にします。

【どう使う?】
まず、普通のフリクションセーバーとしても使えるみたいです。元々リングはひとつあるので、適当なオムニポケットにカラビナやプーリーを設置して、これを小リングとして使えばいい訳です。つまりちょっとしたアジャスタブル・フリクションセーバーとして使用可能なんですねー。プーリーを使えば地面からの解除も可能だと思います。

チョーク掛けで使用する事もできますね。トップアンカーとしてもボトムアンカーとしても使えます。

【トップアンカーにして…】
トップアンカーで使う場合、クライミングラインのアンカーというより、セルフビレイのアンカーとして使う方が便利なような気がします。スリングだと距離調整がイマイチできないですし、デイジーだとポケット強度が不安だし、オムニスリングは(たぶん)ガースヒッチできないし。スネークアンカーは丁度いい按配に使えそうです。そんな使い方がいいのかどうかわかりませんが、ラインのアンカーに使えるならたぶん問題ないはずです。

【ボトムアンカーにも…】
SRTのボトムアンカーとして使うのも便利だと思います。この場合、距離調整というより、同一アンカーにギアを何個もセットできるっていう利点が効いてくると思います。気をつけてほしいんですが、これ一本を複数ロープのアンカーにしちゃうって意味じゃないですよ。緊急時はともかくとして、ひとつのアンカーに別々に二人ぶら下がるってのは非常識ですしね。

そうではなくて、えーと、ちょうど最近悩んでいたSRTレスキュー時の問題解消にぴったりなんですが、あまりレスキューの事は書きたくない(自信がないandさすがにブログで書いたら駄目な気がする)ので誤魔化します(笑)。

軽く言いますと、ビクティムの荷重がかかっている現在のギアから、別のギアに荷重を載せ替える事ができるんじゃないかと考えている訳です。よくわかんないですよね。御免なさい。そんな大した話ではないんで気にしないでくださいね。

【特徴のおさらい】
では前回同様、ARTのサイトに記載されているこの道具の特徴を翻訳してみます。

・ロワーアンカー、アッパーアンカーとして使用可能。

・セグメントステッチ(2.7inch間隔)は連続的な調整が可能。

・ノンロッキングカラビナを使用する事により、チョーク掛け設置した場合の位置を確実にする。

・カラビナやプーリーを併用する事により、アジャスタブルフリクションセーバーとして使用可能。

・二列に平行縫込み処理された8mmポリアミドロープに基づく、優れた耐摩耗性と広い接地面積。

・ART独自のチューブ形リングによる、高い耐荷重性と防護性を備えたアイ。

・チューブ形リング構造全体に荷重が均一配分される為、良好な安全性と引張強度を備える。

以上です。

【最後に】
とまあこんなところでしょうか。他にも色々な使い方があるかと思います。とりあえず強度がどこにも書いていないので、何とも言えないところがあります(笑)。

ボトムアンカーに関して、アジャスタブルにしたいならルーピースリングを使えばいいんじゃない?と考えています。果たして本当にやっていい事なのかどうか知りませんが。
強度的には「Tenex 1/2inch」を使ったルーピーなら問題ないはず。(WesSpurの1/2''ルーピーでチョーク掛けした場合、WLL約800kg。Wesの安全率は確か10)

そんな訳で私は食指がイマイチ動かないです。実際に発売されて、情報が増えてきてから再検討したい感じですね。

【余談】
あと気になるのは…チョーク掛けの強度低下ですね。巷ではチョーク掛けはシングル吊りの強度低下20%ロスで計算される事が多いんですが、この事実とガースヒッチの強度低下問題との整合性が未だによくわかりません。

ガースヒッチの強度低下についてはうちで取りあげた事もありますが、これに関しても未だによくわかっていません。気になる方は参考になりそうなウェブ資料(リンク注:pdf)があるので目を通していただければと思います。もしくはうちの記事でも(リンク)。

とは言え、今回はあまり深追いしないでおこうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

ARTの新製品 Lightanchor

【ARTのサイトがリニューアル!】
去年の年末くらいにARTのホームページがリニューアルしました。赤と黒を基調にした配色イメージになりまして、ART製品の変態性がよく表わされているなーと勝手に感じています。

同時に新製品もお披露目されています。「Lightanchorライトアンカー」「Ropeguide2010」「Snakeanchorスネークアンカーの三点です。他の製品も配色が変わりましたね。でもヨーロッパで購入したら2010年の早い段階からこんな配色でした。私はポジショナー2を所有していましたが、塗装が結構簡単に剥げるので哀しかったです。むしろ塗装されていない方がガシガシ使えていいような。

【ライトアンカーを調べてみよう】
今回はライトアンカーに焦点を絞ってみて調べてみようと思います。詳しくはARTのサイトをみてもらえればいいんですが、要はフリクションセーバーです。そのまんまです。ARTといえば一風変わった製品ばかり出してくる会社の癖に、これはわかりやすすぎて面白くないです(や、分かりやすいから今回選んだんですけどね)。

それでは以下から特徴を見ていきます。

【リングが不思議】
ぱっと見て分かるようにリング部が特徴的ですね。リングっていうよりシンブル(Thimble)っぽいです。この「溝リング」、今年のARTの基調ですね。他の新製品にも採用されている重要なファクターです。

この溝リングがどんな効果をもたらしてくれるかっていうと、まずは軽量化です。リングが約50%軽量化したそうです。うれしい事です。

強度的にどうかっていうと、ライトアンカーとしては25kN以上の強度があるそうです。リング部に着目すると、アイスプライス強度 & リング自体の強度 によるダブルセーフティ。またリングがシンブルとして働く為、アイにかかる荷重は均一分散されますし曲げ半径を大きくとれます。ナイスアイデアです。

しかもチョーク掛けができるらしいです。ガースヒッチみたいに掛けられるって事です。「やり方がわかるかい?やってみたら吃驚するぜ!」って書いてあるんですが、いまいち翻訳できず、方法はわからずじまいです(笑)。見た感じ、リング同士の大きさはあまり変わらないですし、どうやってやるんでしょうね?こういう訳のわからなさはARTっぽいですね。

【本体はロープ3本重ね】
セーバーの本体(ウェビング)はロープでできています。8mmポリアミドロープを三本並列に並べて縫いこんであるみたいです。だから本体の幅は24mmになります。耐摩耗性と広い接地面を獲得しています。本体があまりに細すぎた場合、解除時にリングとの幅差で引っ掛かったりするんで、これくらいの幅は歓迎です。

素材のポリアミドですが、特に記載はありませんが、要はナイロン素材って事でしょう。

【まとめ】
では特徴をもう一度おさらいします。サイト下段に記載されている特徴点を翻訳しました。間違っていたら御指摘お願いします(汗)。

・溝リングと組み合わせた場合、8mmポリアミドロープの引張り強度は充分である。軽量であるにも関わらず、ライトアンカーは25kN以上の破断強度を備える。

・アイスプライスは、ぴったりなポジションと大きい曲げ半径によって永久に保護される。

・溝リングとロープの組み合わせにより、安全性はトップレベルである。

・クライミングロープはリング&アイスプライスを同時に貫く。安全率は倍増!

・損傷や摩耗したフリクションセーバーのロープやリングは簡単に交換が可能。

・ライトアンカーは、チョーク掛けが可能な唯一のリング付フリクションセーバー。

・8mmポリアミドロープを三本並列縫込み処理したウェビングは、24mmと幅広く、優れた耐摩耗性を持つフリクションセーバーになる。

以上です。いやー翻訳は難しい!

【最後に】
便利そうですよね。軽いっていうのは正義です。全長はどれだけあるんだろ?気になるのはチョーク掛けの方法ですね(笑)。ほんとよくわからないです。

あとチョーク掛け可能なリング付フリクションセーバーですが、アスピリン社のセーバーもできたはずです。確かオーストリアかニュージーの会社なんですよねー。TCJさんのお店で売っていた気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

ヒッチクライマーのセット手順

今回はDMMの変態プーリー、ヒッチクライマーのセット方法でも書いてみようと思います。ヒッチクライマーを使っている方は結構多いんではないでしょうか。どうなんでしょ?私は大好きなんですが。
ヒッチクライマーを簡単に説明すると、「リギングプレート+プーリー」です。プーリーに穴が3つ空いていまして、それぞれの穴が充分な強度(24kN)を持っています。このおかげであんな事やこんな事ができます。説明書とかシェリルの資料を参考にしてください。

では早速セットしてみましょう。本来はアイつきのロープを使う方が便利なんですが、あえてアイなしロープでやっています。(注:あくまで私の個人的なセット方法です。)

-----------------
1、ロープを結んでアイを作る
とりあえず、ロープにアイを作らないと始まりません。私はダブルフィギュアエイトノット派です。別にボーライン(ヨセミテ・タイオフ)でもいいんですが、まあこれは手癖ですね。

注意点としては、アイをでかく作る必要があります。ヒッチクライマーでDdRTをセットするとワーキングエンド側とランニングエンド側が密着するのですが、アイを小さく作るとノットのこぶがフリクションヒッチに干渉しちゃうんですね。これ、かなり危険です。(説明書にも記載があるので目を通してみてください。)
これを回避するために、アイをでかく作るんです。ドレッシングを無視して作るのに抵抗がありますが仕方ないです。逆に言うと、これが嫌ならスプライス・アイのあるロープを使えって事になります。ヒッチクライマーは基本的にアイのあるロープで使う道具だと思っています。
Dsc00816_s

------------
2、ブルーバンディットでゴム留めする
さきほど作ったアイですが、でかいですよね。これだけでかいとカラビナが空転しやすくなってしまいます。そして気付いた時にはカラビナがくるっと90度回転して、マイナーアクシス方向で荷重を受けてしまう可能性が大きいです。(補足参照してください)
これを防ぐ為にゴム留めしてあげます。ロープにゴム留めする場合、ブルーバンディットは必須だろうと思います。
アイ付きロープにおいても、タイトアイでないならゴム留めする必要があります。

(ちなみにこの黒ゴムですが、ホームセンターで探してもちょうどいいサイズが見つからないって話を聞いた事があります。私は素直に海外通販で買っています。更に余談になりますが、カラビナにゴムを通す場合はブルーバンディットは必要ないです。普通に手で突っ込んでおしまいです。)

Dsc00819_s

---------
3、プーリーをセットする
プーリーのサイドプレートを開いてロープを通します。(ここからはアイ付きロープも同じ手順です。)

Dsc00821_s_2

---------
4、カラビナをかける
カラビナをかける穴ですが、普通は写真でいえば一番上のところにかけます。何故か写真では真ん中になっています。でもどっちを選ぶかはなかなか悩ましいところでもあります。
あとポイントなんですが、カラビナを穴に通してから180度回転させておきます(安全環の向きに着目してください)。

Dsc00822_s

---------
5、カラビナとロープのアイを接続する
ゴム留めで作った小さいアイにカラビナをかけます。4番でカラビナを180度回転させているので、そのままの状態でロープセットできるはずです。
こういうセットをしておくと、ワーキングエンドが解放しやすくなるんです。アンカー設置時に樹上でそういう機会が結構あるので、こういう方法にしています。
この段階まで進むとヒッチクライマーから手を離しても大丈夫です。

Dsc00823_s

---------
6、クライミングヒッチをつくる
ヒッチをつくります。両手が使えるので問題なしです。写真ではVtでやっています。
Dsc00824_s

---------
7、カラビナをセットする
ヒッチコードのアイとプーリーの穴を一緒にしてカラビナを通します。そしてカラビナを180度回転させます。(写真はまだ回転させていない)
Dsc00825_s

---------
8、完成
完成するとこういう感じになります。下のカラビナとハーネスを接続する事になります。

:写真ではやっていないのですが、この後カラビナにゴムを通してヒッチコードのアイに密着させ、動かないように固定した方がいいです。これをしないとヒッチコードのアイがスパイン側にずれてくる場合があり危ないです。

Dsc00826_s

---------
※補足
1番でも言及しましたが、アイなしロープでセットする場合は大きいアイができるようにノットをつくります。
小さく作った場合、このようにノットとヒッチが干渉してすんごい危険です。充分注意してください。
Dsc00835_s_3

また、アイをゴム留めしなかった場合、こういう感じにカラビナが回転してしまう可能性が高くなります。これまた非常に危険です。
Dsc00832_s

==========
最後に

何回も書いていますが、ヒッチクライマーはアイ付きロープで使う方が確実に便利です。間違いないと思います。もしアイなしロープで使うならば1.2番の手順は絶対行う必要があると思います。

そしてそんな事とは関係なしにブルーバンディットも持っておいた方がいいと思います。シェリルで売っています。他のショップだと…ドイツのFreeWorkerさんでしょうか。注文する時があれば一緒に是非どうぞ!
ついでにゴムバンドもたくさん買っておいた方がいいですよ。あれを持っていると他の人が2~3個欲しがる事が多いので、思ったより早くなくなったりします(笑)。

余談ですが、この写真は夏に撮ったものです。この頃は暑かったなー。今となっては一面雪景色なので、写真や動画を撮る元気が湧いてきませんね(汗)。
色々と書きたい記事が山積しているのですが、どれもイラストや写真がないとイマイチわかりにくい内容ばかりでして…。イラストの神様が頭の中にふわっと降臨するまで、のんびりした更新頻度になるかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

高性能コードの一覧

明けましておめでとうございます。雪が降りすぎですね。当ブログでは新年早々からいつもと変わらないめんどくさい記事をお送りします(笑)。

高性能コードの一覧です。メーカーHPで確認できるスペックを記載しています。破断強度はメーカーごとに基準が違う可能性がありますので参考程度にしてください(そもそも平均破断荷重(ABS)、最小破断荷重(MBS)、引張強度(TS)、と単位そのものが違います)。

BBS等でスペックを確認したものについてはクエスチョンマークをつけています。

後ほど右カラムに追加します。

(余談)
なんだかんだで、メーカー指定スプライスから逸脱するのはまずいです。コアが高性能繊維の場合、少なくともコアto コアでやるべき。TreeBuzzでざくざく調べたんですが、ロッキングブランメル派が多いみたいですね。で、アイのヤーンほつれ防止に何かしらのコーティング剤(MaxiJacket、もしくはDip-It Whip-It )に漬けているみたい。

Armor-Prusはコアがスペクトラなんで…どうしたものか(汗)。やっぱクラス2がいいのかな。

個人的にはシェリルのグリズリー最高!という考えに行きつきそうです(笑)。もしくはスプライスしないで、ダブルフィッシャーマンズループ。

こうやってみるとオーシャンポリエステルがすごくいいと感じました。これくらいのスペックがちょうどな気がします。ってかTenexでいいのでは?という気になってきました(笑)。

-----------------------------------------

SAMSON

ウルトラテック ULTRA-TECH (5/16inch)
ダブルブレイド(Core-Dependent)
外皮 ポリエステル 
内芯 テクノーラ 
指定スプライス クラス2
MBS 3900kg

ベイルアウト BAIL-OUT (5/16inch) 
ダブルブレイド 
外皮 テクノーラ
内芯 テクノーラ
指定スプライス Class II nonspliceable
MBS 1600kg

アイステイル ICE TAIL (5/16inch)
12ストランド
繊維 テクノーラ混繊(テクノーラ/ポリエステル 80/20%…??) (ソース #240658 moray)
指定スプライス EYE AND EYE TAIL SPLICE
MBS 3500kg

----------------------------------------

Yale Cordage

ビーライン(8mm) Bee-Line5/16''
ダブルブレイド
外皮 テクノーラ/ポリエステル 75/25%
内芯 ベクトラン
指定スプライス  (クラス2 ??)ソース #257072 NickfromWI)
ABS 3629kg

ビーライン(9mm) Bee-Line3/8''
ダブルブレイド
外皮 テクノーラ/ポリエステル 50/50%
内芯 ポリエステル
指定スプライス (クラス1 ??) (ソース #248762 NickfromWI)
ABS 3402kg

---------------------------------------

New England Rope

HRC (正式名称:Therma-Shield Prusik)
ダブルブレイド
外皮 テクノーラ/ノーメックス
内芯 ベクトラン
指定スプライス Not Applicable (クラス2 ??)ソース #258293 NickfromWI)
TS 2951kg

---------------------------------------

TEUFELBERGER

オーシャン・ポリエステル Ocean Polyester (8mm or 10mm)
ダブルブレイド
外皮 ケブラー/ポリエステル 50/50%
内芯 ポリエステル(高規格製品らしい?)
指定スプライス クラス1?? ソース #253812 NickfromWI)
MBS 2200daN (8mm)   3300daN(10mm)

---------------------------------------

Donaghys

Armor-Prus (8mm or 10mm)  
ダブルブレイド
外皮 テクノーラ/ポリエステル
内芯 スペクトラ900/ケブラー (6つはスペクトラ100% 2つは50/50%)
指定スプライス クラス2 ?? (ソース #19 Jamie)
MBS ???

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »