« マウンテンダックスがTreeWorkハーネスを発表! | トップページ | Campの新型ハーネス「ACCESS SIT」 »

2011年3月29日 (火)

ブラックダイヤモンド 「フードワイヤー」(11/04/10追記あり)

(追記110410:カラビナの大きさ比較を下部に追加しました。)

どのメーカーも新製品ラッシュで楽しい毎日が続いています。さてさて、今回はブラックダイヤモンドの2011新型カラビナの「フードワイヤー」を紹介してみようと思います。

【ワイヤーカラビナを簡単におさらい】
ワイヤーカラビナは軽量化やウィップラッシュに強いという特徴がありまして、ロッククライミングで使用する方も多いのではないでしょうか。しかしながら基本的にノッチ型ノーズ(ノーズに窪みがあるやつ)が多いです。(詳しくは別記事に書いていますのでそちらをどうぞ。「カラビナの話」カテゴリーにあります)

キーロックみたいに引っ掛かりがないモデルとしては、DMM「シールド」、ワイルドカントリー「ヘリウム」、Petzl「ANGE」、くらいしかなかったんです(追記:マムートも出してました。バイオニックプロのワイヤー版)。しかもこれらのカラビナは結構いい値段しまして、2000円オーバーは普通です。いくら軽量・使いやすいとは言え、複数枚を揃えだすときついものがあります。安全環もないくせにそんな値段出すのは勇気がいります。

【BD 「フードワイヤー」】
ここでBD「フードワイヤー」登場ですよ。写真をみてもらえればわかりますが、見た目としては普通のワイヤーカラビナです。その代わり、ノーズ部分をワイヤーで覆う事により無駄なひっかかりを防止しています。これ、かなり素晴らしい発想だと思います。

Dsc01428_s

Dsc01433_s

Dsc01434_s

Dsc01435_s

どうでしょう、ノッチをワイヤーが覆っているのがわかるでしょうか。(覆っているワイヤーは完全に固定されています。)ノーズ部分で手を滑らせても引っ掛かりはわずかにあるだけです。

重量は37gと、ワイヤーカラビナのくせにちょい重いんですが、値段がなんと1050円っすからね!全然苦になりません。ありがとうBD、ありがとうロストアローさん!!

【仕様】
ブラックダイヤモンド 「フードワイヤー」
メジャーアクシス 24kN
マイナーアクシス 8kN
オープンゲート  8kN
重量 37g
価格 1050円

【雑感】
そもそも木登りやっててですね、安全環のないカラビナをどこで使うんだ??という疑問はあります。私もクライミングには使用しないと思います。

使うとしたら……うーん、ハーネスに取り付けてチェーンソーフックにしようかなーと思います。キャリツールの代用って事です。や、もうあれですよ。この発想の素晴らしさにやられてついつい買っちゃたってのが本音です。安いしね!3枚も買っちゃいましたもん。

今後は「どうでもいい部分用カラビナ」はこれでいきたいと思います。どうでもいいところなんて滅多に存在しないのが難点ですけどね。装備全般をできる限り軽量化していくのが、今年の目標です。

【追記 大きさ比べ】
カラビナの大きさがわかるような写真を撮ってきました。左からペツル「キャリツールL」、ペツル「am'D ボールロック」、BD「フードワイヤー」です。amDと比べて一回り小さいですね。amDのスパイン内部にすっぽり収まる~やや大きい、くらいの感じです。(それにしてもキャリツールLは…でかい!)Dsc01474_s

|

« マウンテンダックスがTreeWorkハーネスを発表! | トップページ | Campの新型ハーネス「ACCESS SIT」 »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

これはいいかも!でも写真で見る限りちょっと小さいですか?
ペツルキャリツールは道具を取るときに引っ掛かってイライラします。
さらには枝が中に入ったときにはキャリツールごとへし折りたくなりますが、
なぜかまだ使っています、、、

投稿: suzuki | 2011年4月 7日 (木) 23時33分

suzukiさん、こんちはー。
そうですねーすこし小ぶりかもしれません。ペツルのamDより一回り小さそうです。また比較できるような写真を撮ってきまっす。

私は反キャリツール派なんですよねー。腰骨を圧迫して痛いんです。チェーンソーフックには土牛のデカラービナを使っています。これはこれで鬱陶しい時があるんですが、今のところガマンしています。
http://tobi-kaseyama.ocnk.net/product/119

キャリツール大好き派の友人に引っ掛かって鬱陶しくないの??って聞いた事あるんですが、彼曰く「カラビナみたいにゲートを手で開けようとするからあかんのです。取りたいギアでワイヤーゲートを捻るようにしたら勝手に開くでしょ。で、キャリツールの中に入れるんですよ。」との事でした。
なんと言いましょうか、ぶら下がってるギアをゲートに押し当てて開け、キャリツールの中に突っ込んでやる感じです。ぶらさがってるんですから、もう一度突っ込むとフリーになる訳です。

言葉ではすっごい説明しにくいんですが、この方法だと確かにノッチに引っ掛かりません。枝が入った時には使えない方法ですが、こりゃナイスアイデアだと感心しましたねー。

投稿: フリップ | 2011年4月 8日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/39400836

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックダイヤモンド 「フードワイヤー」(11/04/10追記あり):

« マウンテンダックスがTreeWorkハーネスを発表! | トップページ | Campの新型ハーネス「ACCESS SIT」 »