« ロープの規格その3 EN1891 セミスタティックロープ | トップページ | 「そのロープ、強度はどれくらいあるの??」 »

2011年6月29日 (水)

カエル飛ぶ

現在、関西の某所にて広葉樹の危険木処理を延々しています。山間部ではなく、どっちかっていうと都市部です。

で、住宅側にちょっと傾いた直径60cmくらいのクヌギがありまして、チルホールで引っ張って伐倒したんです。無事に伐倒完了して、ホッと一息。よっしゃ、じゃあちょいちょいと玉伐りして集積すっか!とみんなで作業に取り掛かっていたところ…

おっちゃん 「おーい、フリップちゃん!!」
私 「うーい、何すかー」 (イヤマフ外す)

おっちゃん 「カエルじゃーー!!!」(カエルをぶん投げる)
私 「ぬおおおー!」 (耳にあたる)

で、私に向かってぶっとんできたカエルさんがこいつ。木屑をかぶっているのが何だかリアルです。

P1000622_s

おっちゃんに「こいつ、何カエルですかねー」と聞いたら、「うーん、でかいし、モリアオガエルちゃうんか?」との事。

でもモリアオガエルにしては痩せてるしなー、ってかこの付近って生息条件は整ってるっけ? と疑問に思った訳です。ついでにモリアオガエルだと思っておきながらぶん投げるおっちゃん、もうちょっと優しく扱ってあげましょうよ、とも思った訳です。

とりあえずこの場から逃がさないと枝の下敷きになっちゃいますし、とは言え、ぶん投げる訳にもいかないので、手ですくって山に逃がしてあげました。その時撮った写真がこちら。結構かわいい顔してます。

P1000623_s

P1000624_s

【さて、その正体はいかに!】

ネットでちょいちょいと調べた結果、どうやらモリアオガエルではなく、「シュレーゲルアオガエル」という種らしいです。

見極めポイントは目のまぶた。モリアオガエルは赤く、シュレーゲルアオガエルは黄色らしいです。上写真を見ると…見事に黄色です。

いやー勉強になりました。もっと詳しく知りたい方はWikipedia「シュレーゲルアオガエル」をどうぞ。

初め名前を見た時は外来種??と思いましたが、日本固有種らしいです。名前の由来となったシュレーゲルさんって方は、オランダのライデン自然史博物館の館長をされており、シーボルトさんが日本で採集した標本を元に編纂された「日本動物誌」の執筆(脊椎動物担当)に携わったそうです。

(日本動物誌は京大の電子図書館で見る事ができます。リンク

いやあ知らない事ばかりでした。なるほど納得!シュレーゲルアオガエル、もう忘れないと思います。かわいいですしね。

|

« ロープの規格その3 EN1891 セミスタティックロープ | トップページ | 「そのロープ、強度はどれくらいあるの??」 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

初めまして,
木に登って剪定、伐採することを必要としていて、時々拝見してるのですが、そろそろ道具を揃えて講習なども受けようかと思っています。職業と言うのではなくて管理を任されている墓山の伐採に必要性を感じてまして・・・職業柄レスキューの道具、指導は受けられるのですが目的が違うので道具、使い方なども違うものと思っています。
こちらのブログがすごく詳しい方のようなので教えて下さい。
道具をやはり安いwesspurで購入しようかと思っているのですが、2011のカタログにあるcombo climbing kits deluxe $799 かmobility $1029 を考えています。一から揃えるのでキットの方がお得かと思いまして。リギングは次回に考えるとして、このキットの内容、プラスするギアなどアドバイス頂けると助かります。大変失礼なお願いですみません。よろしくお願いします。


 

投稿: ヤッピー | 2011年7月 5日 (火) 19時34分

ヤッピーさん初めまして!
おおーなるほど。確かに墓山はやばいところ多いですしね。私もちょくちょくそういった現場に行かせてもらったりしています。

さて、ご質問の件なのですが、早速ウェススパーのカタログを見てみました。スパーもセットになっているタイプをお考えなんですね。

デラックスかモビリティか…うーん難しいですね。
どちらか絶対選ぶとなると、私ならデラックスを選ぶと思います。

そしてロープバッグとチェーンソーランヤードを追加注文します。あ、あとヘルメットですね!あ、チェーンソーズボンも!そうだ、普通のランヤードも!あとスプリットテイル!

あれやこれやと理由を書き出すと滅茶苦茶長くなりそうなので、もし宜しければメールいただけないでしょうか?

投稿: フリップ | 2011年7月 5日 (火) 20時51分

フリップさん
早速のご返事感謝します。m(_ _)m
フリップさんのニュアンスですとキットはあまりお勧めではないような感じですね。coldsweats01
やっぱり詳しい方にアドバイス頂けると失敗なさそうです。
ところでメールしたいのですがブログ内に掲載がありますか?
ちょっと探しますが見当たらないので教えてください。

投稿: ヤッピー | 2011年7月 6日 (水) 06時53分

>ヤッピーさん

どもです!
いや、キットも良いと思いますよー。ウェススパーに連絡したらキットのギア変更も受け付けてくれるっぽいですしね。

個人的にはWesSpurだけで揃えるとちょっとイマイチな点があるので、HoneyBrothersも併用すると思います。ウェススパーのスローウェイトの見た目があまり好きになれないですし、ヨーロッパ系のハーネスが好きなもんで(汗)。でもこれは人それぞれな部分でしょうしねー。

結局のところ、自分の気に入った装備を買うしかないんだと思います。私の使用感などはできるだけお伝えしようとは思いますが、他の人が同じ道具を使って同様の感想を持つかどうか、非常に疑わしいです。作業スタイルの違いもありますし、どんな道具でも「慣れ」の問題が大きいと思っています。
あと初めての道具購入時って、器材について勉強する一番良いタイミングであると思います。何故この器材を選んだのかっていう理由を少しでも教えていただけると、非常にアドバイスしやすくなります。

メールアドレスですが、左カラムの「検索フレーズランキング」の下にひっそりとある「メールを送信」をクリックしていただくとわかるかと思います。お手数をおかけして申し訳ないです。
最近暑さに負け気味で少々遅れるかもしれませんが、必ず返信しますのでお気軽にどうぞー!

投稿: フリップ | 2011年7月 7日 (木) 23時11分

カエルかわいいですよねー。僕も大好きです。

ここ最近のロープの規格の話、よくまとまっていて参考になりました。
ごちそうさまです。

暑い日がつづきますが、健康第一でゆきましょう。

投稿: 山口宇玄 | 2011年7月13日 (水) 22時02分

>山口宇玄さん

こんちはー!おおっ山口さんもカエルスキーでしたか。ほんとかわいいですよねー。

こないだのロープ記事を書くのはかなり苦労したので、少しでもお役に立てたならほんと嬉しいっす。もう少し綺麗にまとめあげたかったんですが…記事を書きながら、自分の勉強不足&力不足を実感した記事でもありました。

私のほうこそ、こないだの「カラビナの疲労強度」記事をおいしくいただきました。めっちゃ勉強になりました!

今年の夏も猛暑になりそうな予感がする毎日ですね。健康管理の大事さを日々感じます。無理せず夏を乗り越えていきましょう。

投稿: フリップ | 2011年7月15日 (金) 22時02分

フリップさ~ん
 この所ずっと更新ないですね・・・
 稼ぎまくってるのかなー up
 それとも暑さで気力消耗してるとか weep

ところでっ!

 例のWesSpurでまた変な道具を売り出してますが、このチェック、きっと日本で一番にやって公開できるサイトはフリップさんをもって嚆矢と・・・期待してじっと見てますYO

ブツは例のアレです
 http://wesspur.com/items/asc163.html
SRTでつかうロープレンチとかいうアレ。

 ずっと考えてたんだけれど、何がいいんだか全然ピンとこなひ(泣)
 時間あったらチェックして 結論UP、おねがいしまーすっ! lovely

投稿: 木挽屋次郎 | 2011年8月 9日 (火) 18時33分

>木挽屋さん

こんちはー!
いやー暑い日が続いてうまく文章が書けない日々が続いています。暑さにやられて、こないだ木挽屋さんのブログで紹介されていた、超絶すごいあのブログもまだ読みこなせない毎日でっす。あのブログは心底驚愕しました…。

おっ例のアレっすね。私もTreetoolsブログで紹介されていた時から目を付けていまして、実はもう既にゲットしています(笑)。とは言えおもちゃとして買っただけで、仕事で使う気はないですけども。

要は「SRTでもDdRTみたいな動きができる」ってだけのマニア向け商品ですので、私のようなSRTフリーク以外の方にはこれっぽっちも利点がないような気がします。

苦し紛れに利点をあげますと、SRTだからナチュラルクロッチしまくっても大丈夫、って部分でしょうか。DdRTと違ってSRTはロープがループしていないから、枝にロープがあたっても自分の動きに全然影響がでないんで。(わかりづらい説明ですみません)

実は昨日、この器材の説明をネタにDdRTとSRTの特性の違いを書こうとしたんですが、うまく筆が進まず断念しました(笑)。秋よ、早く来い!

投稿: フリップ | 2011年8月 9日 (火) 19時21分

とうとうお盆に入っちゃいました。 この時期あまり木を伐る仕事ってやらないんぢゃないかと思いますが、地域性があるんかな。
 このツリーレンチって、要するにフレンチプルーシックなどでの摩擦部を分散させてコントロールしやすくするという?
 私は YOYO派ってかな、SRTでも色々と微妙なコントロールが出来るんであまりDdRTにこだわってないんですが、最近流行してるみたいなパンタンとVtとかでロープウォーカーを組んで足の力+両手の力を使える方法っていいなとおもってましたです。
 んで、このロープレンチが出てきたんでね、うまく活用していそうなフリップさんの工夫を知りたいな・・・と(笑)

 このお盆の最中に適当に暇つくって何か書いてくださいな lovely

投稿: 木挽屋次郎 | 2011年8月14日 (日) 03時35分

>木挽屋さん

>このツリーレンチって、要するにフレンチプルーシックなどでの摩擦部を分散させてコントロールしやすくするという?

そうですそうです。単純にSRTでクライミングヒッチを使った場合、ヒッチが締まりすぎて全く動きません。そこでロープレンチを使って、ヒッチにかかる荷重を1/2にしてやろうという発想です。

>私は YOYO派ってかな、SRTでも色々と微妙なコントロールが出来るんであまりDdRTにこだわってないんですが、

SRTで用いる下降器の場合、両手を絶対使わないといけないですよね。樹幹付近で仕事する場合は問題ないんですが、シビアなリムウォークの時にめっちゃ困りません?
そういう状況では圧倒的にクライミングヒッチの方が便利ですし、ロープレンチはその場合に真価を発揮するのかなと考えています。私ならDdRTでやっちゃいますけど。

>最近流行してるみたいなパンタンとVtとかでロープウォーカーを組んで足の力+両手の力を使える方法っていいなとおもってましたです。

うーん、どうでしょ。私ならツリ―フロッグシステムを選びますねー。(豪州、NZ界隈の情報を漁ったところ、ツリーフロッグシステムは完成の域に達したなという印象を得ています。)しかしながらフロッグとyo-yo-は一緒くたにして考えられませんしねえ。

とにかくロープレンチはセッティングが滅茶苦茶難しいです。何と言いますか、システム器材がロープの縦方向に間延びしちゃうんです。アッセンダ―取り付けたらストローク幅がちょっとしか取れません。もしかすると腕の短い人には使いこなせないのか?!なんて思ったりしています。

とは言え使用時間はまだまだ極僅かですし、もうひと押しロープレンチを実験したのち、記事にしたいと思いまっす!

投稿: フリップ | 2011年8月14日 (日) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/40607630

この記事へのトラックバック一覧です: カエル飛ぶ:

« ロープの規格その3 EN1891 セミスタティックロープ | トップページ | 「そのロープ、強度はどれくらいあるの??」 »