« Pfanner社のヘルメット「PROTOS Integral」の情報を調べてみた | トップページ | FreeWorkerで注文するときのポイント »

2011年11月30日 (水)

シルキーの新型ズバットはス・テ・キ

【ズバットがモデルチェンジしたよー】
数あるシルキー鋸の中で、私が一番愛してやまないのが「ズバット」です。で、そのズバットが最近モデルチェンジしたとの情報を耳にして、早速注文しました。これが実物です。じゃじゃーん。買ったのはズバット300。そしてレッグストラップ。P1020268_s

今回の変更によってケースが大幅にグレードアップしました。さっそく変更点をみていきましょー。(ノコギリ本体は以前と変わっていません)

【その1 ローラーがついたよ】
ケースにローラーがつきました。シルキーのノコギリは収納する時にケース自体を切って傷つけてしまうことが多いんですが、このローラーがついたおかげでケースの耐久力が大幅にアップしています。……とかそんな事はどうでもよくて、これがついたおかげでズバットの見た目がかっこよくなりました!このギミック感がいいですよねー、男心をくすぐります。ちなみにこのローラーは交換不可能っす。P1020271_s

【その2 ベルト用ホルダーがスゴイと共通になった】
以前のベルト用ホルダーはズバット専用のものだったんですが、今回からスゴイのものと共通になりました。なので素材もゴムです。スゴイのホルダーの利点は①ベルトに通してもよれにくい。②ホルダーの穴にカラビナを直接突っ込める(無理やりねじ込む感じ)。 個人的にはハーネスのギアラックにホルダーを常設しようかと考えています。こうしておけばズバットからスゴイに簡単に切り替えられるんで。P1020273_s

【その3 レッグストラップが装着できる!】
今回のモデルチェンジの目玉っす。ついにレッグストラップが装着できるようになりました!この羽根みたいなところに通すわけです。P1020272_s

実際にストラップを通してみたところ。上羽根の通し方は、たぶん裏通しが正解なんでしょうけど、私はこっちの方が好き。このストラップはシルキー純正の「レッグストラップ600」です。別売りですよー。確か2本組1500円くらいだったかな。(写真ではベルト用ホルダーを外していますが、つけたままでも装着可能です。でも足につけるとホルダーがすごく邪魔なので取っておいたほうがいいと思います。)P1020274_s

短足の私でも装着できました。待ちに待ったレッグ装着。意味もなくワクワクしてしまいます。友人のハリー君は「外国映画に出てくるスパイ役の姉ちゃんがガーターベルトにピストルさしてるのと同じノリがして嫌だ」と言っていましたが、男のロマンのわからん奴だ。P1020275_s

300と330の鞘の場合、下の羽根からケースがちょっと飛び出ます。この隙間にロープが絡んだりするのでちょっと気をつけてください。P1020282_s

【まとめ】
今回のモデルチェンジ、個人的には非常に好印象です。足に装着するのって想像以上に便利でした。
樹上作業…①ノコギリの収納場所が固定される。②ギアラックを占有しない。③なんかかっこいい 
普通の山仕事…①腰にぶら下げる道具が減って嬉しい。②ケースが固定されるので、鋸をうっかり落とす心配が減る。③なんかかっこいい。

でも足装着に興味ない人から見ればあの羽根は邪魔だろうなーとも思います。

ズバットのケースは240と270が共通、300と330が共通です。友人所有の270も足につけてみたんですが、270のほうが私は使いやすかったです。個人的には270を買って、更に300のグリップに付け替える(270のグリップには穴がないから)のがベストかな。でも270は鋸の先端にツノがないしなー。

確かこのモデルは2011年10月15日あたりから問屋さんへの発送が開始したはずです。旧モデルの在庫を抱えているお店もあるでしょう。ネットショップなどで実物を見ずに買う場合は注意してくださいね。問屋さんのほうにモデルチェンジの案内はいっているみたい(お店でちらっと見せてもらった)なので、「新型!新型のほうで頼むわ!」と念を押したら大丈夫だと思います。

ちなみにこの新型ケースの羽根位置、何故かSawPodともぴったり合います。でもシルキーのレッグストラップのほうが便利なんですよねー。

【余談】
足装着をする場合、ベルト用ホルダーの丸い付け根が足に当たって痛いかもしれません。私はいっつもチェンソーズボンを履いているのでそれほど気にならないんですが、履かない人はちょっと気をつけてください。足専用にする!と決めて、付け根をとってしまうほうがいいかもしれません。あと、足装着するとノコギリのグリップが太もも裏に当たる場合がちょくちょくあります。フットロックがやりにくくなるかもしれません。

でもね、ノコギリの収納場所が固定されるっていう恩恵は素晴らしいです。めっちゃ便利ですよ。ノコギリを足装着した場合の色々な話はまた別の機会に記事にしようと思います。

|

« Pfanner社のヘルメット「PROTOS Integral」の情報を調べてみた | トップページ | FreeWorkerで注文するときのポイント »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇZUBAT!ローラー凄く良いです。こういうの待っていた感じ。
私はずっとSUGOIですが、鞘の口がグズグズになってます。
レッグストラップは使っておらず(360は私の足には長すぎる)、左利きだと口が内側を向くのでどうも使いにくく、ホルダーをハーネスのベルトに通しちゃってグリップを前に向けるポジションです。でも共用できるのは良いですねぇ。
これ両腰に提げて二丁拳銃っなんつって。

投稿: satoc | 2011年12月 2日 (金) 12時53分

ズバットの詳しいご説明…ありがとうございます!!!!

きっとかっこよく、イケイケにズバットを装着してくださっているのでしょう…☆

レッグホルダーがとっても人気で沢山の注文をいただいております・・・ツルギの影響もあると思うのですがbleah
きっと日本中に鋸を足に装着したイケている男性陣が増えるでしょう…eyeshine

それにしても、素敵なブログありがとうございました(´;ω;`)heart01

投稿: silkyなlady | 2011年12月 2日 (金) 16時08分

satocさん>

こんちはー!
今日気付いたんですが、ローラーやっぱ便利ですわ。収納がスムーズになりましたね。さきっぽだけ入れてから手を離したら、するっと鞘に納まってくれるのでラクです。

SUGOIはケースの幅があるので足につけにくいんですよね。それに刃渡り360mmですけど、あのケースはもっと長く感じます。ズバット330は私の足でも装着できますけど、SUGOIは絶対無理ですもん。
そうそう、SUGOIも今年あたまのモデルチェンジ以降からローラー付
いてますよー。

satocさんは左利きなんですねえ。ズバットなら逆向けにして足装着できるんじゃないでしょうか。ベルト用ホルダーの丸い付け根が体の外側を向く方向で。ちょっとやってみますわ!

投稿: フリップ | 2011年12月 2日 (金) 18時33分

Silkyなladyさん>

どもっす!
今回のズバットはほんと素敵です!買ったその日から愛用しっぱなしっす。足ノコ男子もかなり増えてくるのではないでしょうか。ツルギもかなり良い感じですし、私はもうシルキーなしでは仕事できないっす。
あとはズバットの鞘にゴミが詰まりやすい問題さえ何とかしていただけたら!何とか!

投稿: フリップ | 2011年12月 2日 (金) 19時09分

あら、ズバットの足装着出たの?
数日前にSherrillでLAVAとSJ買うついでに足用ケース注文しちったよ。マジか。

アタシも完璧にズバット派なもんでその内買うんだろうなぁ・・。

投稿: joe-yan | 2011年12月 2日 (金) 22時07分

joe-yanさん>
こんちはー!コメント返すのが遅くなってしまいました。

シェリルで売っている足用ケースもめっちゃいいと思います!私も欲しくなりました。ケースが薄いから足につけやすそうですしね。こういうタイプのケースの使い心地を試してみたいんですよー。
シルキーのレッグストラップは伸縮性があってかなり使いやすいので、これだけ先に購入を検討されてはいかがでしょうか。ストラップ幅が結構あるのでシェリル足ケースに取り付けできるか未知数ですが(汗)

(初めて気付いたんですが、シェリルだと左利き用のケースも売っているんですねー。)
http://www.sherrilltree.com/Professional-Gear/Scabbards/Scabbard-1264

投稿: フリップ | 2011年12月 5日 (月) 18時56分

はじめまして。

私の周りで鋸は270mmを使用している人がほとんどです。
シルキーのズバットを使用している記事を見てお聞きしたいのですが、
ベルトから鞘を下げた時に300mmのズバットでは全長が長いので収納しにくいでしょうか。
それと現行ズバット300mmにある刃の先端のツノはどのような利点があるのでしょうか。

ズバット300mmを扱っている店がなく現物に触れることができないので購入を決めかねています。

投稿: KsN | 2013年11月 9日 (土) 18時39分

KnSさん、はじめましてー。

個人的な意見ですが、地上で使うなら300mmはうっとうしいです。しゃがむ動作のときにケースが地面にあたって邪魔ですし、鞘から取り出す時もちょっとめんどくさいです。そんで樹上で使うなら300mm、もしくは330mmのほうが使いやすいですね。あと、標準でついてくるグリップの大きさが違います。

角は…私はあるほうが好きです。なんかあの形が好きなんです!色んなものを引っかけられますし(ロープは引っかけないけど)。地上で使うなら全く必要ないですけどねー。

投稿: フリップ | 2013年11月10日 (日) 18時37分

さっそくの返答ありがとうございます。

鋸は樹上での剪定、そして地上では剪定で落とした枝を処理する際に使用してるので、刃の長さはどちらの作業を優先的に考えるかで決めるしかなさそうですね。
手の大きさが小さい方なのでグリップの大きさの点では270mmかなぁ。

刃の先端のツノ、ボクもあの形が好きなんですよね。確かに樹上で引っかかった枝を払う時など何かと使えそうですね。

うーん…270mmか300mm、迷いますね。
フリップさんの意見も参考にしてZUBATデビューしたいと思います。

投稿: KsN | 2013年11月10日 (日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/43205917

この記事へのトラックバック一覧です: シルキーの新型ズバットはス・テ・キ:

« Pfanner社のヘルメット「PROTOS Integral」の情報を調べてみた | トップページ | FreeWorkerで注文するときのポイント »