« シルキーの新型ノコギリ「ツルギ」がいい感じ! | トップページ | 輸入許可通知書で遊ぼう »

2011年12月 9日 (金)

海外通販したときの関税などについて(追記あり)

(12/11:ちょっくら追記しましたー。追記場所は特に明記していません。)

海外のお店で道具を買うと、当然のことながら日本に向かって荷物がやってきますよね。そして日本に到着すると通関手続きを経て、自分のところに届くわけです。このとき、配達業者から代金引換みたいな形で料金を徴収されます(後日、郵便で振込書が届く場合もありますが)。

この料金は、通関手数料税金立替手数料消費税、そして関税、以上4項目の合計金額です。ひとつずつ簡単に説明してみます。(以下はあくまで個人輸入の範疇の話です。)

【関税】
関税とは、「国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から、輸入貨物に対して課される税金で、間接消費税に分類される。」(byウィキペディア)…んだそうです。

関税の課税対象となる金額(=課税価格)は、「商品代金+送料+保険料」が原則です。しかし、輸入者本人が個人で使用するものに限って特例があり、商品代金の6掛けになります。

・課税価格=商品代金×0.6 (個人使用の特例を適応した場合)
・関税=課税価格×関税率 (課税価格は1000円単位で計算。余剰分は切り捨て。)

また、国際郵便物で課税価格が10万円以下の場合、簡易税率が適応されます(参考リンク)。課税価格が10万円以上ですと一般税率が適応されます。簡易税率の場合でも申請すれば一般税率に変更可能です。(国際宅配便の場合はどのような場合でも一般税率で計算するっぽいです。)

(そうそう、皮革を使っている靴製品は関税が爆高なので覚悟してくださいね。例えば甲部分が革製の靴の場合、30%もしくは4300円の高い方が関税になります。)

【消費税と地方消費税】
日本の通関にて消費税がかかります。そのかわり注文先の国の付加価値税(VATとかMwSt)を支払う必要はありません。現在、日本の消費税は5%です。(正確には消費税4%+地方消費税1%(消費税の25%)の合計が5%。) 

消費税は商品と関税の両方にかかります。ただし個人輸入の場合、課税価格が1万円以内の場合は免税(関税・消費税とも)になるようです(参考リンク)。つまり商品金額が16,666円以内ならばOKという事。例外もあります。

〔課税価格 +関税〕×4% = 消費税の金額 (1000円単位で計算。消費税は10円単位。)
消費税×25% = 地方消費税 (消費税は100円単位。)

【通関手数料】
通常、私たちは通関をそれほど気にしません。国際宅配便の場合、通関業者が代行しているからです。これはその手数料となります。だいたいUPSやFeDexなどの国際宅配業者が直接代行していまして、業者ごとに手数料の金額は異なります。

国際郵便物の場合、課税価格が20万を超えなければ通関手数料はかからないみたいです。これを超える場合、自分で手続きをするか、代行(200円)してもらうか選択します。

【税金立替手数料】
国際宅配便の場合、関税や消費税は通関業者が立替えて支払っています。これにより迅速な配達が可能になっているらしいです。これはその手数料。業者によって金額は異なります。関税と消費税が免除された場合、もちろんこの手数料はかかりません。

【補足:国際宅配便と国際郵便物】
実はFeDexやUPSといった「国際宅配便」と、USPSのような「国際郵便物」では状況が変わったりします。

国際郵便物は通関処理が結構アバウトでして、免税のボーダーラインを超えていても通関をフリーパスする場合があります。そんなときはラッキーだと思ってください。荷物を受け取ってしまえば後から徴収されることは間違いなくないようです。(国際宅配便は100%通関処理が行われます。)

ちょっと眉唾な情報ですが、こういうことらしいです。
「国際郵便物」の場合、受け取ってしまえば後ほど修正申告する必要なし。
「国際宅配便」の場合、受け取った後でも修正申告する必要がある。

あと、国際郵便物は課税金額や税金の納付額によって通関手続きが変わるみたいです。こちらのリンクの下のほうに書いてあるので参考にしてください。

ちなみに船便は「一般貨物」になります。ややこしそうなので調べません!

【補足2:為替レート】
通関処理は日本円で行われます。為替レートは市況とは別に設定された通関用の為替レートが使用されます。こちらのリンクを参考にしてください。

【まとめ】
まあ訳がわからないですね。書いてる自分もよくわかんないですもん。調べだすとほんとややこしいんですよねー。たぶんこの記事はどこかに間違いがあると思います。

ポイントとしては「個人で使用するものを輸入する場合は、通関上の特例を存分に活用できる」こと。ビバ個人輸入。ギフト用でも同様の特例がうけられますよ。そして「16,666円の免税ボーダーライン」もなかなか良い。どうせ送料払うならといっぱい注文したくなるのが本音ですがね。

(国際郵便物の場合はこれらが適応されやすいですが、国際宅配便の場合は適応されないケースもあります。通関業者が個人使用として申請してくれるかどうかにかかっています。)

あと「皮革が使われている靴の関税率は脅威的に高い」ことは忘れないでください。すんごいですよ。革靴なんて30%ですからね。

ぶっちゃけこの3つだけ覚えておいたらいいような気がします。自分で使う道具を買う程度じゃ関税とか消費税なんてそこまで気にしなくてもいいかと。個人的な経験ではだいたい500円くらい。

通関手数料と税金立替手数料は業者によって千差万別です。経験上だいたい500~1000円くらい。UPSが妙に安い気がしています。……その点、DPDの通関代行業者は高いです。Freeworkerで注文するときは覚悟してください。(通関手数料:2500円、立替手数料:最安500円、金額により変化)

支払いは、基本的に荷物と引き換えに払います。代引きみたいな形です。FeDexだけは後ほど支払い用紙が郵便で届きます。公共料金の支払い用紙みたいなもんです。

ちなみに私はいつも4000円くらい用意して、深く考えないようにしています!だいたい拍子抜けするくらい安いんですけどねえ。

|

« シルキーの新型ノコギリ「ツルギ」がいい感じ! | トップページ | 輸入許可通知書で遊ぼう »

通販について」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

本当に関税には悩まされますね(^^;
ひとつ気になったので書かせて下さい。
自分もブーツを2回輸入してます。

1回目は何年か前にオール革製のブーツ、
そして今回、冬に向けてくるぶしまでがラバー製でその上が革製のブーツです。

オール革製は300ドルくらいで関税は覚えてないくらいの金額でした。
今回のブーツは200ドルくらいで
関税はスルーしたのかな?て感じです(^^;;

今回の輸入で気になっていろいろ調べたんですがスポーツ用は6.7%、スチール製のトゥーキャップ付きも6.7%なんですよね。

自分のブーツはトゥーキャップは無いのですが両方ともスパイクブーツです。
それでスポーツ用の関税になったのかな?て思ってます。

てことはチェンソー保護用のトゥーキャップ付きも6.7%なんじゃないですか?

この手のブーツで高い関税が来たら不服申し立てするのもいいかもですね(^^;


さて、これから神社の枝下ろしに行ってきます。
ご奉仕仕事なんで寒いしのんびり行ってきます。

投稿: さきょんど | 2011年12月11日 (日) 07時46分

さきょんどさん>

こんちはー!情報ありがとうございます!
私も本腰入れて調べてみたんですが、「靴の甲部分が革かどうか」でかなり関税率が変わってくるみたいです。

チェンソーブーツのほとんどは甲部分が革製なので、下リンクの"6403.40-012”が適応されて、30%がかかるのではないかと思います。
http://www.customs.go.jp/tariff/2011_8/data/i201108j_64.htm

不服申し立てといえば…今回のFreeworkerの関税がとんでもないことになりましてねえ。3000円近くもっていかれたんですよ!区分が明らかにおかしい(ほとんどすべて男子アノラック:関税率9.1%にされてる)ので、いっぺん苦情入れてやろうかと考えています。

お仕事お気をつけてー!私もさっきまでユンボ仕事してて凍え死にそうでした(笑)。冬ですねえ。

投稿: フリップ | 2011年12月11日 (日) 13時47分

おはようございます。

もう一度、資料を読み直しました。
どこをどう見間違えたのか革製は違う項目ですね(^^;

間違った書き込みすいません。

枝下ろしは欅と楓の枝を5,6本、幟を建てるのに邪魔になるとの事で伐り下ろしました。
一時間ほどで終わり、日当はそのまま賽銭箱に(^^;;

ユンボ仕事はキャビン無しはつらいですね。
自分も遊歩道の抜根をしないとだめなんですけど積雪で春まで無理そうで、あきらめました。

本当は雪が降る前にしなくちゃだめだったんですけど(-_-;)

投稿: さきょんど | 2011年12月12日 (月) 06時36分

いえいえー。ってか関税率表って滅茶苦茶ややこしいですよねー。さきょんどさんの情報のおかげで、がっつりと調べる気になれました。感謝の気持ちでいっぱいです!

>一時間ほどで終わり、日当はそのまま賽銭箱に(^^;;
お疲れ様でした(笑)。自分の特殊技術で地元に貢献できるってちょっと嬉しいですよね。営業にもなりますしw

さきょんどさんの地域ではもう雪積もっているんですねえ。こっちは雪は舞っているけど積もるまではいかない感じです。滅茶苦茶寒いですけど(汗)。お互い安全作業で冬を乗り切りましょう!

投稿: フリップ | 2011年12月12日 (月) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/43319343

この記事へのトラックバック一覧です: 海外通販したときの関税などについて(追記あり):

« シルキーの新型ノコギリ「ツルギ」がいい感じ! | トップページ | 輸入許可通知書で遊ぼう »