« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の1件の記事

2012年5月11日 (金)

おしらせ0511

GWも終わって、妙な天気が続くものの、ようやく暖かくなってきましたねー。こないだ現場でセミ鳴いてましたもん。びっくりです。

さて、一身上の都合により、5月末まで島流しの刑に処せられることになりました。という訳でブログの更新はおろか、コメントの返信、はては携帯電話すら使えないという状況に陥ります。

と言う訳で、5月いっぱいはコメントを認証制にさせていただきます。そしてコメントくださっても私が認証できないので表示されません。申し訳ないですが、ご了承くださいませ。

これだけの記事ですとなんか侘しいので、ひとつ情報を。

【ロープレンチは使えるかどうか?!】
個人的な感想ですが、ロープレンチは使えます。ただ状況をめっちゃ選ぶような気がします。状況にはまればすごい便利だけど、基本的に私はDdRTのほうが好き。

なにはともあれ、ロープレンチに快適な登攀性能を求めるのは間違いでしょう。DdRTのほうが登りやすい場面が多いです。そしてフットアッセンダーは必須だと思います。ハンドアッセンダーは使わない方がシンプルでいいような。どんな登り方であってもヒッチが弛まないように絶対気をつける必要があります。

ロープレンチのメリットはずばり「多段リダイレクト」にあります。リダイレクトを何回とってもヒッチとロープの流れに影響がない、これこそが真髄です。リダイレクトを多段階にとることによって荷重分散を促したり、枝のしなりでダイナミック性能を獲得したり、一枝折れても他の枝でバックアップできたり。対象木とは違う樹木からアンカーをとる場合にも便利です。どんだけ枝に干渉しても問題ないですから。

それ以外の場合ではDdRTのほうが何かと優れている気がします。ロープレンチはDdRTとSRTの基礎知識が必要になりますので、DdRTに慣れていない人はもちろんのこと、SRTに慣れていない人も簡単に使えると思わないほうがいいです。

こんなとこでしょうか。なんせ甘く見ないほうがいいです。そうそう、言い忘れていましたが、ロープレンチ使うならリリースピンは必須です。たぶん。

【おまけ】
私の知る限り、日本で一番ロープレンチを使いこなしているであろうポールさんが、アウトドアショップKさんのホームページでツリーワーク解説をされているので、良ければご覧くださいませー。勉強になりました。ついでにサポートページ(左カラム下あたり)も面白い情報がいっぱいですよ。(こちら→http://works-odsk.jp/)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »