« Singing Tree 「Rope Wrench ZK-2」 もう発売したんか… | トップページ | 下降器”ABディセンダー”のどうでもいいうんちく話 »

2012年9月29日 (土)

トイフェルベルガー「CEランヤード」は面白い

ランヤードと一言で言っても様々なタイプや製品がありますが、現在愛用しているのがTeufelbergerトイフェルベルガーの「CEランヤード」です。
P1030004_s_2

【あなたは緑色のピントプーリーに価値を見出せるか!】
まあ「CEランヤード」っていう名称ですが、それぞれの部分は既製品でして、それらを組み合わせて構成されています。

ロープ:Teufelberger「シリウス」両アイ(←あまり自信なし。11mmあるような気がする)
カラビナ(フック側):DMM「シャドウ」
プーリー:DMM「ピントプーリー」
カラビナ(プーリー側):DMM「ウルトラO」
ヒッチコード:Teufelberger「オーシャンポリエステル」
プルージック部分:Teufelberger「シンブルループ」(オーシャンベクトランループ+DMM「シンブル」)

これらを別個に購入して組んだら”CEランヤードもどき”が作れます。キモになる部分はピントプーリーとシンブルループなので、これだけを導入する手もあります。(ただしCEではない)

【CEなんですよ】
このCEランヤードのすごいところは「CE」(!)だという点。この製品はEN 358(ランヤードの規格)  EN 795B(仮設アンカーの規格) の2種に適合しています。プルージックのオーシャンベクトランループもEN 795B に適合しています。

これすごいですよね。ヒッチでもEN規格に適合できるんだ!とびっくりです。EN358の要求基準がわからないので何ともいえませんが。

まあそんな訳で、このCEランヤードという製品は(既製品の組み合わせとはいえ)このセットで”CE(EN規格に適合)”なんですね。Teufelbergerがわざわざこんな製品を出しているのは”CEをとってやる”という大きな目標があったからかもしれません。CEとったら大きな顔でこんな風にセット物を売れますしね。

さて、CEランヤードのヒッチは”ディステルDistel6-1”です。6-1ってのは全6巻きの上5巻き下1巻き(って言い方で合ってますよね?自信なし)。巻き数が多いのは単にフリクションコードが長いからだと思います。30inch以上ある気がするんだ。ヨーロッパのお店って基本長いの売ってますよね。 

さてさてヒッチ、これを例えば5-1にしたりとか、ディステルじゃなくてミチョーカンに変更した場合、果たしてCEランヤードはCEたるのか? という問題があります。私の意見は「CEじゃなくなる。けどユーザーが使用する上でCEってそんなに重要かなー」。購入時点でCEだという品質保証がされているだけで充分な気がしています。

【そんな事より使い方だ!】
そんなつまらない話はさて置いて、CEランヤードの使い方をみていきましょうよ!3種類の使い方があります。

1.普通のランヤードとして
P1030628_s

ふつーにランヤードとして使えます。ピントプーリーを上下どちらに向けるかでフェアリードの感じが変わります。ロープを上に引き上げたいか、下に押し下げたいか、どっちかっす。

フック用カラビナはDMM「シャドウ」。今までロープスナップばっか使っていたので、カラビナはめんどくさそうだなあと思っていたんですが、違和感なく使えています。シャドウは小型カラビナだから手の小さい私でも片手でゲート開閉がしやすいです。

フリクションコードのアイがピントプーリー内部にあることに注目してください。これのおかげで見た目がすっきりし、更にピントプーリーのスペーサー代わりになっています。

2.DdRTっぽく使う
P1030632_s

ピントプーリーのベケットにフック用のカラビナを突っ込むことでDdRTっぽく使うことができます。

この時、サイドD環に接続したらNGっす(サイドD環は一点吊りしちゃ駄目なんで)。ランヤードをセンターD環やブリッジにつけなおす必要があります。写真だとヒッチクライマーの空いたホールにつけています。

カラビナの向きは写真のようにすべき(スパインがヒッチ側)。逆向きだとゲートとヒッチが干渉します。そしてこのことから、DdRT風に使いたいならカラビナは変D型じゃないとダメな気がします。

私はこの使い方をよくします。メインのクライミングラインとこれでダブルクロッチっぽく使う。小規模な樹木だとサイコーです。いっそCEランヤードだけでいいんじゃね?と思うんですが、そうすると鋸を使うときに”ああっ!ランヤードがない!”となる。

3.SRTっぽく使う
P1030629_s

オーシャンベクトラン(OV)ループにカラビナをセットしてSRTっぽく使えます。

この時もサイドD環はだめっす。センターD環とかの一点吊り用のアタッチメントポイントにつけかえる必要があります。写真だとリングにセットしてます。(余談ですが写真のペツル純正リングは小さいので、カラビナ2つ突っ込むのは結構大変です。現在私はDMMの一番でかいリングを使用しています。)

OVループを枝に近づけすぎないように注意してください。枝に近すぎると接続するカラビナと枝が当たってテコ荷重がかかっちゃいます。写真でギリギリっすね。

SRT風なのでロープ長を最大限有効活用できますが、1.解除するには元の位置まで戻る必要がある。2.これに荷重をかけすぎるとヒッチが堅く締まって動かなくなる。3.普段使いの時にOVループが非常に邪魔。……といった欠点があります。私はほとんどやらないので、OVループを外しています。


【ま・と・め】
CEランヤードいいですよ。DdRT風に使えるってのが一番気に入ってます。ピントプーリーを導入すればこれを買わなくてもできますので、機会があれば一度試していただきたいものです。

長さは4種類から選べるんですが、私は5mタイプを使っています。これを買った時に”ランヤードは長いほうがいい”考えだったもんで。確かに便利なんですけど、邪魔に感じることも多いので最近は3mものが欲しいです。こんな感じでSilverBullのヒップポーチ(honeyとfreeworkerで売ってる)に収納しています。
P1030080_s

ちなみに本日トランゴ「シンチ」を久しぶりに使ったらすごく使いやすくて便利でした。うんうん、どっちもいいランヤードだわ。何でも使い分けって大事ですよね、えへへ。

|

« Singing Tree 「Rope Wrench ZK-2」 もう発売したんか… | トップページ | 下降器”ABディセンダー”のどうでもいいうんちく話 »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰してます。
自分のCEランヤードは10mなんで
小ぶりな街路樹いけますよー
グリヨンとセットで登ったりしてw

投稿: むらっぴ | 2012年9月29日 (土) 19時55分

おおーむらっぴさん、お久しぶりっすー。
10mっすか!すげえ!
CEランヤードのロープは両アイ加工してあるから、逆末端もランヤード化したら何とかなりますよねー。
とは言え、このランヤードのロープをクライミングロープ扱いしていいのかわからなかったんで、本文中ではNG!って書いてます。そしてブログは誰が読むかわからんので、そういう意味でもNG扱いしておくほうが良いと考えていまっす。

投稿: フリップ | 2012年9月29日 (土) 20時08分

そうですね。シリウスロープがクライミングロープ扱いじゃなかった気がするのでNGとしておく方がいいのかもですね。

投稿: むらっぴ | 2012年9月29日 (土) 20時47分

CEランヤードのロープは通常のシリウスより太い気がしますし、「CEランヤードのロープはシリウスだ!」と明記されている訳じゃないんですよね。CEランヤード専用の特別なロープかもしれません。
CEランヤードをメインのDdRTに使うことについて、細かいところまで突っ込んでいくと訳がわからなくなるんですが、「触らぬ神に祟りなし」精神でいかないとしょうがないかなーと。
いつの日か色々な目線を気にせずに、あんなことやこんなことまで忌憚なくしゃべりたいっすね。北の大地にいくことがあればよろしくっす!

投稿: フリップ | 2012年9月29日 (土) 21時27分

ありがとうございました。

以前教えて頂いた逆端ランヤード使いさせていただいてます。

さらに便利で10m購入しちゃいました。

最近はメインにもPintoプーリを使ってます。
ペツルのフィックスも同じですが、
VT ヒッチと相性最高です。アイを挟み込むのがよい影響与えていますね。

投稿: 風 | 2012年9月30日 (日) 21時46分

風さんも10m使ってんすか!
すごいっすねー、私も10m買ってみようかな。
メインにピントプーリー使うと、フェアリード時にヒッチのアイとクライミングラインがこすれちゃいません?そんなに気にするほどじゃないっすかね?

投稿: フリップ | 2012年10月 9日 (火) 18時52分

周回遅れのコメントすいません…

Pintoは、プルージックコードを選ぶんですよね。

お手製アイは入らないし、グリズリーはキツくて、悪影響あるような…

コアむき出しのやつか、Teufelbergerのオーシャンのみ。
コアむき出しだとロープと擦れて怖いです。
自己責任ですね。

投稿: 風 | 2012年10月13日 (土) 19時38分

返信が遅くなってすみません。
おおーなるほど!ピントの中にアイを突っ込むから、どんなコードでもOKってわけにいかないんですな。
私も”クライミングラインにピント”を今度試してみようと思います。素敵なご意見ありがとうございます!

投稿: フリップ | 2012年10月24日 (水) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/46967325

この記事へのトラックバック一覧です: トイフェルベルガー「CEランヤード」は面白い:

« Singing Tree 「Rope Wrench ZK-2」 もう発売したんか… | トップページ | 下降器”ABディセンダー”のどうでもいいうんちく話 »