« カタログスペックから見る WoopieとLoopieの違い | トップページ | DMM 「アクシスAxis」の魔力 »

2013年1月31日 (木)

太いロープは太った古臭いクライマーのためにあるんだぜ!(んな訳ない)

さきほどGoogleリーダーを眺めてたら、Treetoosのブログがまたしても面白い話題を提供していました。

こちら→Myth busting: 5 untruths told about tree climbing lines http://treetoolsnz.oncentre.co.nz/_blog/Treetools_Blog/post/Myth_busting_5_untruths_about_tree_climbing_lines/

テキトーに日本語訳すると「神話を壊す:ツリークライミングロープに関する5つの真実でない話」。神話っていうより都市伝説って訳すほうがいい感じかな。

これが非常に面白かったです。全文を翻訳するのはさすがにめんどくさいので、今回槍玉に挙げられた5つの都市伝説についてのみ、これまたテキトーに翻訳してみます。

  1. Fat ropes for fat, old climbers! (太いロープは太った古臭いクライマーのためにあるんだぜ!)
  2. 11mm climbing lines are for advanced users! (11mmクライミングロープは先進的クライマーのためにあるんだぜ!)
  3. Long ropes reflect the quality of the climber! (長いロープはそのクライマーの能力を反映するんだぜ!)
  4. The only difference between the ropes is the fancy colors! (ファンシーな色使いだけが、いろいろなロープのたったひとつの違いなんだぜ!)
  5. All ropes get pigtails! (すべてのロープは豚のしっぽ化するんだぜ!)

うまいところをついてくるなあと感嘆しました。「ある一面では確かにそう思える部分もあるんだけど、それを結論にしたらいかんだろ」的な、それでいてうっかり信じてしまいそうな都市伝説の数々。こういう冗談は友達とよく言い合いますし(特に4番)、私自身も木登りを始めたばっかりの頃はこういう感覚もありました。

Treetoolsさんのブログでは、それぞれの都市伝説についてきちんと反論されていますので、是非ご一読されてみてはいかがでしょうか。いいこと書いてありましたよ。

そうそう、5番に書いてあるPigtailですが、いまいちよくわかっていません。たぶんキンク状態でロープがぐるぐるによじれている様を表現しているんだと思います。

|

« カタログスペックから見る WoopieとLoopieの違い | トップページ | DMM 「アクシスAxis」の魔力 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

ファットクライマーですが、やられたーって感じ。私は3番目に共感です。キンクもエネルギーも手入れもスマートに行かなくっちゃ。レシオが悪くなる。

投稿: satoc | 2013年2月 1日 (金) 15時58分

3番目もいいですよねー。木登りロープに「大は小を兼ねる」の格言は当てはまらない!最近私は120feetでも持て余し気味なので、25mくらいのロープが欲しくてたまらないです。

投稿: フリップ | 2013年2月 2日 (土) 17時46分

お恥ずかしい話、よくノコを当てちゃって、気持ち悪いから泣く泣くロープを切ります。必然で20mくらいのが出来て、でもそれって案外現場で使いやすくって、疲労感が少ないので重宝してます。

投稿: Satoc | 2013年2月 2日 (土) 22時59分

それくらいの短いロープ、やっぱ便利ですかあ。対象木は大きい木ばかりじゃないですもんね。16ストランドロープのバルク売りを買おうかと思案中です。先立つものがないので当分先になりそうですが(汗)。

投稿: フリップ | 2013年2月 4日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/49087173

この記事へのトラックバック一覧です: 太いロープは太った古臭いクライマーのためにあるんだぜ!(んな訳ない):

« カタログスペックから見る WoopieとLoopieの違い | トップページ | DMM 「アクシスAxis」の魔力 »