« ペツルZIGZAGの事故報告があったみたい | トップページ | ISC「マイティーマウス」のスパインは太いぞ! »

2013年4月23日 (火)

(記事内容を変更しました0426)ペツルからZIGZAGの使用中止のお願いが出ています(2013.04.23現在)

昨日の記事の続報です。

本日、ペツル側の見解が発表されました。結論から書くと、現時点では「安全措置として、ペツルは 『ジグザグ』 の使用を中止するようお願いいたします。」とのことです。そして、5月22日までに更なる続報を出すとのことです。

詳しくはペツル日本代理店のアルテリアのこちらのページをご覧ください。

事故原因としては、やはりロープアタッチメントホールにあるようです。ここに取り付けたカラビナが変な方向を向いている場合、栓抜きみたいな感じでロープアタッチメントホールにテコ荷重が加わって破断させるみたいです。(このカラビナ位置は文字で表現しにくいから、是非リンク先の写真をご覧ください。)

【ここから先は個人的なつぶやき】
うーん、これは……。残念だけど、ペツルの設計ミスだと思います。薄く、小さくしすぎちゃったんだ。

(追記0423:この記事を書いた当初、事故の原因について何か勘違いをしていたっぽいです。現在、こうじゃないか?と思う原因はあるんですが、実際にZIGZAGを手にとって試してみないとわかりません。ケース2の意味がわからなくなってきました。とりあえず以下の文章はすべてお蔵入りにします。打ち消し線で消しておきます。)

とりあえず、この見解を読んで、私は「あれ、これってもしかしてARTのスパイダージャックとロックジャックでも同様の現象が起きるんじゃね(汗)」と真っ先に考えました。

 

が、それは杞憂でした。スパイダージャックはそもそもロープアタッチメントホールがない(参考リンク)、もしくはダイニーマ。ロックジャックは本体が丸いから、カラビナをてこにするための支点がない。(その代わり、ロックジャックは木製取っ手にカラビナがはまってしまう危険性があります。ロックジャックと大型カラビナの組み合わせはNGです。参考リンク

 

その点、ZIGZAGは小さくて薄いでしょ。しかもあの三角形部分の飛び出した突起。この事故が起きた後で見ると、カラビナひっかかってくれと言っているようにしか見えなくなりました。

 

また、そもそもロープアタッチメントホールにカラビナを取り付けるときにコーナートラップ等を使って、メジャーアクシス方向から動かないように固定するべきじゃね?と感じる方もいるかと思います。もちろんその通りでしょう。でも今回はそういう問題じゃないと思うんですよね。

 

他のギア、例えばヒッチクライマーでも、見解ページにあるテストケース2にあたる現象は起こり得ます。これを起こさないためにコーナートラップを使うんです。ただ今回の問題はケース3なんですよ。この猛烈にいやらしい位置にカラビナが固定されちゃうような設計をした、これこそが今回の事故の一番重要な問題だと思います。

まあ、なんだかんだ言って、現状はコーナートラップでカラビナ方向を固定するしか解決方法がない気もしますがどうなんだろ。とにかく、5月22日までに発表される予定のペツルの続報が出るまで使用を中止したほうが絶対いいと思います。

|

« ペツルZIGZAGの事故報告があったみたい | トップページ | ISC「マイティーマウス」のスパインは太いぞ! »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

毎日、拝見していました。御苦労様です。「ZIGZAGの墜落事故、カラビナを入れるホ-ル(穴)でカラビナとZIGZAGが捩れてしまった?ということでしょうか?。私の考えたところですが..。」(ランバ-ジャックさんの仰るとおり、これは.....ヒッチクライマ-でも、起きますよね...。)ヒッチクライマ-に限らず、(木登りギアでは?)このような状態は、作業に集中をせざるを得ない為、起きてしまうのでは?とも..思います。「私、所有しておりませんが、画像で見る限り、ZIGZAGのホ-ル(穴)..確かに..薄いですよね...。」ん~...やっぱり..カラビナとの接点が小さいかも?です。

投稿: 木登り君 | 2013年4月26日 (金) 19時58分

ああっ!ちょっと待ってください!私、今回の事故原因であるテストケース3について思いっきり勘違いしてたっぽいです!後で訂正しておきます。
たぶんこれ、原因は単純にロープアタッチメントホールが捩じれる力に弱かっただけですね。ホールの形状が悪かったか、穴の大きさも要因のひとつになりそうですが。ZIGZAGを実際に使って試してみたいです。
捩じれる力が加わる現象はヒッチクライマーでも起こり得るでしょうね。ランヤードに体重を預けてDdRTは緩んでいる状態から、DdRTに体重を移し替えた時によく発生するので、目視確認を怠らない。または丸ゴムでカラビナが反転しないようにするだけでもかなり有効だと思います。自衛するしかないのでしょうね。

投稿: フリップ | 2013年4月26日 (金) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/51348491

この記事へのトラックバック一覧です: (記事内容を変更しました0426)ペツルからZIGZAGの使用中止のお願いが出ています(2013.04.23現在):

« ペツルZIGZAGの事故報告があったみたい | トップページ | ISC「マイティーマウス」のスパインは太いぞ! »