« わいのハーネス2013 | トップページ | 4月にケンパーマーの講演会があるんだぜい! »

2014年1月 9日 (木)

Distelのスパー、「Gecko」について調べてみた

今回はDistelのスパー、「Gecko」について書いてみます。

私は今までずっと藤井電工の「FG-2」を使っていまして、そんなに不満もないんですが(下バンドが短くてツェルマットに装着しにくいのは参った)、そろそろちゃんとしたスパーが欲しいなあと考えていました。そして買うならDistelのスパーがいい!だって仕事道具に人一倍こだわりのある友人のハリー君が不満を言わずに使っているから!

そんなこんなでDistelのスパーですが「Gecko」って名称で発売されています。たまーにGeckoとは書いていないお店もあります。ドイツ人のUli Distelさんが開発したそうですよ。ちなみに有名なクライミングヒッチである「ディステル」も考案したのも実はこの人。なんという有能っぷり!

ラインナップが色々ありまして、下記それぞれの組み合わせがあります。でもお店によって取り扱っている種類が限られるので要注意。全種類を揃えてるお店はかなり限られてきます。
素材 : アルミ or カーボンファイバー
ギャフ : アメリカンショート or アメリカンロング or ヨーロピアン
足側のストラップ : ベルクロ or 革バンド

素材
アルミ製とカーボンファイバー(CF)製の2種類。アルミ製だとひとつ1.9kgくらい、CF製だとひとつ1.3kgです。これは片足分の重量なのでペアだと2倍になります。両者で1kgくらいの差がでてきます。アルミ製でも充分軽いですが、CF製のウルトラライトっぷりはすごいですね。

アルミ製はサイズを可変(40㎝~51㎝)できるんですが、CF製はサイズ固定です。Sサイズ(42㎝)から2㎝刻みでM、L、XLまであります。測り方は「靴を履いて、土踏まずから膝までの長さを測ればOK!簡単だね!」って書いてありますが、「ほんまかいな、膝って言うてもどこの部分やねん。アホみたいに高い商品で、しかもこちとら海外通販やから失敗できんのやぞ。」と私なんぞは考えてしまいます。でも軽いですし、CFの何とも言えないカッコよさは超魅力的ですね。

値段はアルミ製がだいたい3~4万円くらい、CF製は4万5千~5万5千円くらいします。アメリカより欧州のほうが安い傾向です。

私もCF製を買おうかと真剣に悩んだんですが、海外BBSにて、「CF製のものはコンクリートや固いものの上を歩いちゃいけないよ」って書いてあるのを発見しました(こちら)。私はスパーをつけたままあちこち歩く癖があるので、今回は泣く泣く見送りました(お金もなかった)。

ギャフ
爪の形にはアメリカンショートとアメリカンロング、そしてヨーロピアンの3種類があります。ロングとヨーロピアンはガード部分がオレンジ色で、ショートは黒色です(アルミ製の場合。CF製はすべて無着色)。基本的にショートを買っておけば間違いないと考えています。爪単体でも売っているので、対応しきれない樹木があればロングを別途購入すればいいかと。

普段からロングを使っている人から「ギャフが刺さりすぎて幹から抜けなくなり、本気で困った」という体験談をよく聞きます。これを個人的に「ギャフ抜けないプロブレム」と呼んでいまして、その状況を思い浮かべるとちょっと笑えますが、レスキューが必要になる可能性もあるかなり危険な状態だとも言えます。

ヨーロピアンは一度試したことあるんですが、個人的に使いにくかったです。爪が横に向いているので、幹と靴の間に隙間ができます。私は爪を刺しつつ、かかとの内側親指の付け根あたりを幹に当ててバランスを取るんですが、靴が幹に当たらないのでふらふらして怖かったです。慣れの問題でしょうけど。

足側(下側)のストラップ
どのモデルでも上側ストラップはベルクロなんですが、下側ストラップはベルクロと革バンドの2種類があります。

ほとんどのお店で革バンドしか取扱いがなく、ベルクロを置いているお店はアメリカ以外で探す必要があります。例えばドイツのFreeWorkerとか、イギリスのClarkForest、オーストラリアのAtraes、などなど。Honeyは品切れ中なのか革バンドしかありません(執筆現在)。

両者でストラップの留め具が違うため、互換性はないそうです。一応Honeyで革バンド用の留め具スペアが売っていますが、交換は結構大変だそうです。

前述の海外BBSによると、「ベルクロはおがくずがつくものの、寒い日でも装着しやすく、ぴったりフィットする。対して革バンドはゆるいかキツイかのどちらかだ」とのこと。おがくずがつくデメリットをどう捉えるか、そして取扱店の少なさが問題ですね。私はベルクロ一択です。

【注文してやったぜ】
そんなこんなで私は「アルミ製、アメリカンショート、ベルクロ」のやつをFreeWorkerで注文中です。手続きが難航しててまだ発送には至ってません。それにしてもCF製が欲しかった……絶対かっこいいですからね、あれ。

そうそう、Geckoの耐荷重は総重量104kgがMAXだそうです(アルミ製もCF製も)。総重量ってのはクライマーの体重+装備一式の重量です。重量級のクライマーの方はお気を付けくださいませ。

余談になりますが、これからスパーを購入予定の方はなるべくスチール製のものは避けたほうがいいかと思います。あれは本気で重いです!アルミ製やカーボンファイバー製、チタン製のものを選ぶと幸せになれます。スチール製選ぶなら藤井電工のFG-2のほうが賢明なような気もします。まあFG-2は「これで樹木に登るなよ!」というありがたい注意書きがありますので、表だってお勧めするのも良くないでしょうけどね。

では今から頑張ってFreeWorkerの担当者とメールしてきまーす。英語ほんとやだ。ドイツ語じゃないだけマシだけど。ではでは。

|

« わいのハーネス2013 | トップページ | 4月にケンパーマーの講演会があるんだぜい! »

道具あれこれ」カテゴリの記事

コメント

楽しみですね~。カーボン履いた某氏は「着けてんの忘れてた」とか言いながら歩き回ってました。(笑)
僕はというと旧型クライムライトツリーギャフにスタインのパッドを装着。
快適ですが、バッキンガムから後付けのベルクロ式ロワーストラップが出たので狙ってます。

爪はロングかショートか? ショートで刺さらない木はそうそう無いのでやはり好みでしょうね。僕はロングが良いです。ロープを結ぶときや重たいチェンソーで踏ん張るときは膝を幹に預けるので、ショートだと抜けちゃう時がありました。ほんの少し試しただけなのでこれも馴れかもしれないですが。深く刺さり込んだ時でも、今のセッティングで脚とのブレがほとんど無いのでグリグリやって抜いています。
因みに硬い地面では先端が気になってまともに歩けません。

投稿: だん | 2014年1月 9日 (木) 23時22分

はじめまして。以前からこのサイトでいろいろ参考にさせてもらってます。
ここを参考にバッキンガムの鉄スパーのツリーギャフ使ってます。
自分はベルクロロアーストラップは自作です。縫い自体は普通のミシンでも縫えると思います。
はがれにくいベルクロを手に入れるのが難しいかもしれません。
 アッパーストラップは2本で500円ほどで売ってる荷物用の金属バックル付きの物です。
耐荷重的に余裕だし無断階調整です。ロアーベルトもこれにしたい気もします。

パッドはTパッドが不安定なので、アルミキャストを真似てアルミ板で作ったものを付けてます。

確かにバッキンガムは大きく重いですね。


投稿: sira | 2014年1月21日 (火) 23時16分

だんさん
こんばんわー、返信が超遅くてすんません!

>ロープを結ぶときや重たいチェンソーで踏ん張るときは膝を幹に預けるので、

あーめっちゃわかりますわ!膝も使いますねー。私は伐倒時の幹揺れに抵抗するためによく膝を使っています。
ギャフはほんと慣れですよね。無事にドイツから届いてチェックしたんですが、「あ、これツイストじゃなくてストレートじゃん」と今更気づき、ちょっとやばいかなあとドキドキしているところです。

投稿: フリップ | 2014年1月26日 (日) 18時15分

siraさん>
はじめまして!
すごい改造を施しておられますねー。特にアッパーストラップの荷締めベルトはナイスアイデアの気がします!とは言えかなりの魔改造っぷりですし、なんともコメントしずらいのも事実です。
たぶん大事なのは耐荷重よりは「スパー本体(J字の金属部)とストラップがしっかり固着していること」だと思います。あそこがずれたら元も子もないんで。
siroさんのスパーはかなり面白そうなので、いつかお会いできる日があれば是非見せていただきたいっす。なんとも歯切れの悪いコメントで申し訳ありませんが、ブログのコメント上で言えるのはこんなもんが限界です。ほんとすみません。

投稿: フリップ | 2014年1月26日 (日) 19時38分

スパーパッド第2号新作です。とりあえず写真だけ。
金属成形物だとJの上側が安定して良いです。
カタログに載ってる緑色のクライムライトのウルトラライトパッド欲しいです。
本職じゃないし、登って切る木があと5本ほどの細めの木だけなので、買っても無駄なのが残念。

投稿: sira | 2014年2月 4日 (火) 22時12分

ほんとすみません。個人的に自作していいものとやっちゃいけないものがあると考えています。そしてパッドはクライマーの安全に強く関わるところなので、やっぱりよくないと思うんですよ。樹上で作業するからには、本職だろうとそうでなかろうと安全に充分配慮するべきでしょうし。
なもんで繰り返しになりますが、なんともコメントしようがありません(汗)。申し訳ないです。

投稿: フリップ | 2014年2月24日 (月) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257204/54537718

この記事へのトラックバック一覧です: Distelのスパー、「Gecko」について調べてみた:

« わいのハーネス2013 | トップページ | 4月にケンパーマーの講演会があるんだぜい! »