カテゴリー「基礎きそ ノット・ヒッチ」の7件の記事

2012年7月28日 (土)

バレルノットとダブルフィッシャーマンズループの違い

【バレルノットとダブルフィッシャーマンズループ】
バレルノットBarrel KnotとダブルフィッシャーマンズループDouble Fishermans loop、作り方は非常に似てるものの、役割は全然違います。

バレルノットの作り方はこれ→リンク
ダブルフィッシャーマンズループはこれ→リンク

リンク先をそれぞれ見比べたらわかるんですが、ループを作ってから、下から回していくか(バレル)、上から回していくか(ダブルフィッシャーマンズループ)、によって変化します。

【バレルノット】
バレルノットはストッパーノットとして使われます。が、ブレイクスヒッチなどの最終ストッパーとしてはダメダメ。つかいどころが非常に難しいノットです。個人的には自作ランヤードの逆末端に結んでいます。

ダブルフィッシャーマンズノットの単体版です。そう考えると、ダブルフィッシャーマンズノットや、ダブルフィッシャーマンズループは、バレルノットの派生系になりますね。

【ダブルフィッシャーマンズループ】
ターミネーションノットtermination knotとして使います。DdRTのターミネーションノットに使ったり、自作ランヤードの末端に使ったり。荷重がかかるとループが締まる性能があり、リングやロープスナップのアイに結んじゃうと、ほどくのが非常に困難になります。カラビナならまだ大丈夫(先にカラビナを外してからほどく)

別称はスカフォードノットscaffold knot。(scaffoldの意味は「①足場、②処刑台、③やぐら」だそうです。) IRATA系ではバレルノットて言う場合もあります。ややこしいですね。

ロープ自身をくわえ込むようにバレルノットしたら、これになります。訳のわかんない日本語ですみません。

【ダブルフィッシャーマンズループを作る時の注意点】
こちらのプリントをご覧ください(リンク)。ダブルフィッシャーマンズループを作る際、ロープを先に咥えこまずに、バレルノットを先に作ってから差し込むと大失敗します。しかも見た目はほとんど一緒だから目視点検で見逃す恐れがあります。充分注意してください。

これについてロープアクセス技術の広場さんの記事「ダイナミックロープでY字ランヤードを作る ver4」の追記に詳しく解説されていますので、是非ご覧ください。

【余談:ターミネーションノットってなに?】
ターミネーションの訳は「終結」です。ほら、ターミネーターって映画があったでしょ。「終焉者」って意味っぽいしゃないですか。それと語源は一緒。

DdRTスプリットテイルシステムの場合、ワーキングエンド側のロープ末端に結び、コネクター(カラビナとかロープスナップ)を一緒に結びこむ役割があります。リンク先記事のQ1に相当する部分です(リンク先記事ではアタッチメントノットという名称にしています)

アタッチメントノットっていう場合もありますが、厳密に考えるとその言い方はちょい間違いかな?と思います。(が、トラッドシステムならアタッチメントのほうが正確なような気も)←どうでもいい話です。ややこしいので、うちのブログでは今後「ターミネーションノット」に統一します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

ブランメル・スプライス(0811追記あり)

全くもってスプライスの事はよくわかってないんですが、今回は「Brummel Splice」(以下:ブランメル・スプライス)についてちょろっと書いてみようと思います。

【ブランメル・スプライスはこれだ!】
まずは実例を出します。このコードはウェススパーで購入したテネックスのプルージックコードです。リギングの倍力システムに導入してやろうと考えて購入したもの。これがブランメル・スプライスです。
Dsc00787_s

アイの拡大写真。
Dsc00785_s

よくわからんでしょうから、アイの折り返し部分から色を変えてみました。これなら何となくイメージがつかめるかと思います。うりゃっ!
Dsc00785_s2

横から見た図。わかりやすいなー(自画自賛)。
Dsc00786_s2

【簡単な構造の解説】
黄色い側は青い側の内部に吸い込まれています。ここまで見た上でニューイングランドさんのサイトにある「How to ブランメル・スプライス」(リンク)を読むと、だいたいの構造は掴めると思います。

【色々種類があるらしい…】
ネットで色々検索してみると、一言でブランメル・スプライスと言っても種類があるらしいです。ロックとアンロック、メビウス・ブランメルとかマクドナルド・ブランメルとか。

残念ながら私にはさっぱりわかりません。でも上写真やニューイングランドで取り上げられている方法が、一番有名且つベターな方法みたいです。ヨットマンがよく使うみたいで、そちら系のサイトがばんばんヒットします。

【強度は?】
強度は非常にあるらしいです強度低下は少ないです。そしてスプライス方法も簡単。これだけ聞くとすげー!と思いますが、天の邪鬼な私はどこかに弱点があるはずだと信じて疑いません。でもスプライスの事はわからないので、実際どうなのかよくわかりません。たぶん、ホロウブレイドじゃないと編めないんかなー?という気がしています。

強度の話はTreeToolsのブログで取り上げられています。これはロッキング・ブランメルvsタイプ1・スプライスの強度比較の実験結果です。(こちら)。はたまた、Tree Worldのこちらのスレッドも参考になるかもです(こちら)。

【何が言いたいかといいますと…】
さっきから「わからんわからん」と逃げ回っておりますが、結局私が何を言いたいか。

上記「TreeWorld」のリンク先スレッドをご覧になりましたでしょうか。そうです、ウェススパーで買えるウルトラテック(コア剥き出しのやつ)はブランメル・スプライスがされているらしいのです!えーほんとにー?や、さすがに外皮を剥いて確かめる勇気は私にはないので勘弁して下さい(汗)。でもまあ本当なんでしょう。たぶん。

つまり、「コア剥き出しのアイはブランメル・スプライスでつくられている」と言いたいのです。

【次回予告】
で、TreeToolsのこちらの記事をご覧ください(リンク)。「コア剥き出しアイのコードは結局どうなの?」という話題について、Treetoolsさんの意見が書かれています。

この記事内容について次回書きたいと思います。(この記事内容は既に「なんちゃって」翻訳済みですので、もし翻訳文を一足先に読んでみたいと言う方はメールにてご連絡ください。でも翻訳があってるかどうかは定かではありません。)


【補足】
私は今のところ自分でスプライスをする気は全くありません。だって…もしスプライスに失敗してたら大損害です。人が死ぬか、保全対象物が壊れるか。あれは素人が簡単に手を出すもんじゃないですよ。スプライスに熟練した経験者に見てもらいながらしっかりと練習すべきだと、独学じゃ到底無理だなーと思う次第です。なんとなく、でやったら泣きを見る事間違いなしです。

大丈夫!スプライスができなくてもリギングは可能です!必須技能ではないと思います。お金はぶっ飛んでいきますけど、買える安心は買ったらいいじゃありませんか。
…でもスプライスをマスターしたらロープ長を自分で決められるので、自由度が飛躍的にあがりますけどね(泣)。テネックスくらい練習しよっかなー…ルーピースリングが大量にほしいんですよねぇ。

【追記:0811】
当記事について、非常に有用かつ貴重なコメントをたくさんいただいております。感謝感激です。是非、コメント欄をご覧ください。私の意見も、この記事を書いた当初より変化があります。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

ウェビングのまとめ方(チェーンノット)

今回はウェビングのまとめ方。私はチェーンノットでまとめています。

ウェビングってのはこういう奴。これでラップ3プル2を作ったり、ウォーターノットやビアノットで両末端を結んでスリングにしたり。
Dsc00382_s

チェーンノットでまとめるとこういう感じになります。ちなみにこのウェビングは最近レスキュージャパンで買ったものです。スターリン社製で横幅は1インチ。強度は約18kNです。カラビナはペツルのOKスクリューロック。
Dsc00379_s

そうそう、私はラブアダブマーカーでマーキングしています(気の抜けたマークでごめんなさい。)これはナイロン素材を痛めないマーカー。普通の油性ペンは、ナイロン素材の強度を低下させる可能性があるので厳禁です。
Dsc00380_s

これがラブアダブマーカー。レスキュージャパンで売っています。
Dsc00312_s

【実際の流れ】
ではやっていきましょう。ちなみに私はチェーンノットが大苦手です。成功したらラッキー、失敗してもまあいいか、でやっています。

まず、いい感じの長さになるまでウェビングを折りたたみます。
Dsc00383_s

綺麗に整えます。この写真で4つ折りくらいかな?で、カラビナ側の折り返しを手に持ちます。
Dsc00384_s

そして、ノット開始。ループを作ります。この写真と同じ形が作れたら、チェーンノットはほぼ成功です。
Dsc00414_s

で、ループにランニングエンド側を突っ込む。上記の写真で言うと、薬指が当たっている部分をループに突っ込むだけ。要はスリップノットです。
Dsc00415_s

突っ込んでできたバイトを整形する。だいたいウェビングの横幅くらい右に伸ばします。あと、この時に最初に作ったループをきちっと締めこんだほうがいい。
Dsc00416_s_2

整形したバイトにランニングエンド側を突っ込む。で、また整形。これを繰り返します。
Dsc00417_s

末端が短くなってきたら…
Dsc00418_s

最後は末端を突っ込みます。これで完成。
Dsc00420_s

【完成!】
完成したらこんな感じ。
Dsc00422_s

裏側から見た図。
Dsc00421_s

…不細工なチェーンノットじゃのう(泣)最初のループを締めた時にもっとタイトにしておく必要がありましたね。これじゃちょっとブラブラしすぎそう。
Dsc00423_s

【まとめ】
チェーンノットって結局はスリップノット(引き解け結び)を延々繰り返すだけのようなもんです。それに失敗しても見た目が不細工になるくらいですし、命には関わりないです。気楽にやってます。ちなみに上記の作り方は思いっきり我流なので、もっと楽に綺麗にできる方法があるかも。

ウェビングをまとめるならチェーンノットに限りますね!コンパクトになるし、使う時は最後に突っ込んだ末端をほどいて引っ張るとすぐにバラけてくれます。便利な奴です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

オープンヒッチとクローズドヒッチ

クライミングヒッチには形状により2種類に分類できます。オープンヒッチとクローズドヒッチです。

オープンヒッチはクライミングヒッチに使用したコードの片方が開放されており、クローズドヒッチの場合は両端ともカラビナに接続する(閉じる)事になります。

Img_00131_3

【オープンヒッチ(シングルレッグ)】
ブレイクス(Blake’s)、タウトライン(Tautline)、シングルコードプルージックが分類されます。

使用するコードはシングルアイ(Single-Eye Tail)。片方がアイになっていれば大丈夫です(別にダブルアイでもOK)。このおかげでこれらのヒッチはトラディッショナルシステムでも使用可能です。言いかえるとメインロープと同径コードが使用可能という事です。

テイルのすっぽ抜けを防止するために、ストッパーノットを作成する必要があります。ガチンコで必要なのはタウトライン。荷重がかかるとヒッチがローリングして勝手にほどけちゃうんです。とは言え、他のヒッチでも間違いなくストッパーノットは作るべきでしょう。

ヘリカルヒッチもオープンヒッチですが、上記3種とはちと状況が変わります。ヘリカルヒッチはメインロープより細い径のコードを使う必要がある為、トラディッショナルシステムでは使えません。(11mmラインに対して8mmコードくらいを使用)。

【クローズドヒッチ(ダブルレッグ)】
多種類のヒッチがあり、多種類のコードが発売されています。

フレンチプルージック群(VTなど)、ディステル(Distel)、スワビッシュ(Schwabisch)、クヌート(Knut)、ミチョーカン(Michoacan)、等が含まれます。

使用するコードはダブルアイ(Eye-to-Eye Tail)。両端にアイが必要です。そしてメインロープより多少細いコードを使用します。クローズドヒッチはトラディッショナルシステムで使用できません。

使用上の注意点や性能はヒッチそれぞれによって異なりますが、基本的にオープンヒッチより高性能です。が、自分の体重やロープのコンディションに合わせてヒッチを調整したり、使用するコードやどのヒッチを使うかを吟味する必要があります。

【補足】
今後、このブログでは基本的にオープンヒッチをシングルレッグ、クローズドヒッチをダブルレッグと呼びます!厳密に考えたら、ちと誤用のような気もするんですが、こっちの方がわかりやすいだろ、と判断した為です。

シングルコードプルージックは今後相手にしません。わざわざ使う事はないだろーという判断です。ちなみに普通のプルージックとは挙動がかなり異なるらしいです。

あと蛇足ですが、ブレイクスヒッチってブレイクさんが考案したんじゃないみたいですね。ウィキペディアによると、ケイバーのHeinz Prohaskaさんが雑誌に投稿後、アーボリストのJason Blakeさんがこれの有効性に気付いてアーボリスト業界に広めた、っていうのがほんとらしいです(こちらの記事)。

【参考資料!】
今回の記事の大半はMark Adamsさんの「An Overview of Climbing Hitches」に頼っています。シェリルのラーニングセンターでダウンロードできます。(こちら)。詳しくは知らないんですが、ISAの機関紙「Arborist News magazine」に執筆されている方みたいです。

マークさんは他にもクライミングヒッチに関する文章を書いています。私が知っているのはあと2つ。これらはまだ読んでいないのですが、もしかしたら更に素敵な情報が書いてあるかも!
「Son of a Hitch: A Genealogy of Arborists’Climbing Hitches」(リンク
「Climbing Hitches: Addenda and Corrigenda」(リンク)

あと、ヘリカルヒッチの注意点はこちらのサイトの内容を参考にしました。(リンク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

Helical Hitchってこんな感じ(6/01更に追記あり)

前々回の記事(こちら)で話題にだしていた「Helical Hitch」(ヘリカルヒッチ)について。

とりあえずこちらのBBSをご覧ください。題名がHelicoil…になっていますが気にしない気にしない。前々回でも紹介していたARBTALKのスレッドです。
ARBTALK:Helicoil Friction Hitch info help!

ここにヘリカルヒッチの結び方が記載されているサイトへのリンクがあった事にさっき気付きました(汗)。こちらはケイバー、竪穴洞窟探検野郎のサイトみたいですね。ここの中ほどにHelicalが紹介されています。

→VPI Cave Club:「A Few Good Knots(ブーリンをオーバーハンドノット式結び方でしてます。ややこしく感じる方は、くるくる4ラップしてから普通にブーリン結んでください。)

【これがヘリカルヒッチだ!】
で、結局これはブーリンの変形ですね。「ブーリン+4ラップ」って感じ。正確に言うならば「ブーリン+ヴァルドタイン」。下写真はヨセミテ・タイオフで末端処理しています。(補足:ドレッシングがこれで合っているかどうか定かでありません。)
(追記:5/31 当初ブーリンと書くべきところをランニング・ブーリンと記載していました。ブーリンが正解です。訂正済みです。我ながらアホなミスです。)

Dsc00307_s

【ヘリカルヒッチの特徴】
ブレイクスヒッチ等と同じくオープンヒッチなので、トラディッショナルシステムでも利用可能です。そしてプルージックのように、どちらに引っ張ってもフリクションが効きます。「VPI Cave Club」のコメントでは、プルージックよりグリップ力がいいと書いてありますね。そしてスライドがしやすいとも。他にも特徴が記載されているので確認してみてください。

基本的にこのヒッチはブーリンなので、末端処理は確実に!リング荷重でほどけても知りませんぜ。

これ、ブレイクスヒッチと戦えるポテンシャルがあるんじゃないでしょうか。どうなんでしょ。こればっかりは試してみないとわからないですね。そして私は…結び方がわかっただけで満足しているので、実践する気はありません(笑)。

【補足】
登山系では、このヘリカルヒッチをバルトタンと呼ぶことがあるみたいです。まあバルトタン(私の呼び方:ヴァルドタイン)って基本的にメインロープにくるくる巻くだけのヒッチですもんね。通常私たちが使うヴァルドタインもメインロープに7ラップしているだけです。

いや、巻いてから降ろしていく時にクロスさせて編んでるっしょと思わる方がいらっしゃるかもしれません。それはうちではヴァルドタイン・トレッセ(VT)と呼んでいます。呼び方の問題だけなんですけどね。

詳しくはマーク・アダムスさんの「An Overview of Climbing Hitches」、もしくは「Son of a Hitch: A Genealogy of Arborists’Climbing Hitches 」(←マーチン(ミチョーカンの古い呼び方)記載あり)を参照してください。

追記:06/01) ヴァルドタインとVTについて、ややこしい書き方をしたので補足します。

結論として、ヴァルドタインは本質的にメインロープに単純に7回巻いただけのもので、4回巻いてからレッグを降ろしていく時に、足を組みかえません。上レッグが下レッグをずっと押さえつける格好になります。
これに対してヴァルドタイン・トレッセは4回巻いてからレッグを降ろしてくるときに、レッグを組みかえていきます。
(※ちなみにヴァルドタイン、ヴァルドタイン・トレッセともに「7回巻く」とは決まっていません。単に説明上の都合です。この巻き数は状況によってかなり可変します)

そしてこの二種は性能が異なります。きっちり区別しておくほうが幸せになれます。VTって言いながらヴァルドタイン結んでた私が言うんだから間違いないです!バルトタンって言いながらVT結んでいる方もいるだろなーと思って「呼び方の問題」と書いた次第です。

うーん…うまく説明できた気がしねえっす(泣)。と言う訳で、この2種の違いはまた後日記事にしたいと思いまっす!(追記終了)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ガースヒッチ四方山話

今回はガースヒッチについてまとめてみようと思います。結び方は皆さんご存じでしょう。知らないって方も人生のうちで一度はやったことあるはずです。

日本語でいうと「ひばり結び」になるみたいですね。注意したいのは「ひばり結び」と書くとカウヒッチも含まれる事。ガースヒッチとカウヒッチは兄弟みたいなもんです。完成形としては同じようなもんですから。

あとプルージックヒッチはガースヒッチの発展形と言えます。ただし実際の使用方法や注意点は全く異なってきます。個人的にはクレイムヘイストもガースヒッチの親戚だと思っています。

【ガースヒッチの強度低下問題:スリングの折り返し角度】
まずはこの写真をみてください。これが綺麗なガースヒッチです。(写真1Dsc00105_s

で、これがイマイチなガースヒッチです。(写真2
Dsc00104_s

この二枚の写真の違いがわかるでしょうか。スリングの折り返し角度が違いますね。写真1だとほぼ真っすぐ自分の方に伸びてきています。写真2は約120度の角度がついた後に自分の方にきています。

この差で支点の強度が相当変わってきます。元の強度を100%とすると、写真1の場合だいたい70%、写真2ですとだいたい47%くらいまで低下します。かなり違いますよね。

この折り返しの角度を更に進めて180度折り曲げたらどうなるでしょうか。写真1の状態から写真奥に向かって折り曲げる感じです。この場合、強度は約30%まで低下します。

とはいえ…樹にガースヒッチで巻いて荷重をかけた場合、写真2の状態で安定する事が多いです。スリングが滑ってこっちを向いちゃうんですよね。

【ガースヒッチを使わない訳にはいかない】
そんな訳で、私は支点作成にガースヒッチはあまり用いません。と言いたいところですがリギングですとガースヒッチ(orカウヒッチ)って使用しまくっていますよね。例えばアーボリストブロックを幹に設置する場合、カウヒッチかガースヒッチで行う事が普通です。特に私はルーピースリングで設置するのでガースヒッチは避けて通れません。

ですからガースヒッチは使わないというのは現実的ではないです。この強度低下問題をいつも頭に置いて作業するようにしています。実際にルーピースリングは充分な安全率を見越せるような製品を使用していますし、大荷重がかからないようなリギング作業を心がけています。

あと個人的にはランニング・ボウラインも同様にこの強度低下問題を抱えていると思うんですがどうなんでしょう?

SRTのボトムアンカーは今のところ「ラップ3プル2」で作るようにしています。アメリカンレスキューでよく使われる技術です。レスキュージャパンさんのサイトで紹介されています。

【ガースヒッチを安易に使用しない】
他にもガースヒッチは禁忌事項があります。スリング同士をガースヒッチで結束しない。スリングに直接ロープを通さない(これはガースヒッチというよりスリングの問題ですね)。アイスリングの場合、折り返し部分もアイで行う(アイ部分だとライン2本分の強度を期待できるからだと思います)などなど。

ガースヒッチは作成が非常に簡単なのでよく使用しますが、過信しないように注意しなければいけないです。いやほんとよく使用します。大好きなヒッチのひとつです。だからこそ性能をよく知っておかなくちゃ!と思うんです。

【カラビナも結構怖い】
あと割とよく見る間違いがこれ。ガースヒッチの代わりにカラビナ(アルミ)でとめています。リギングの時についついやりたくなりますが、これをやっちゃうとカラビナがすぐぶっ壊れます。
Dsc00107_s

さらに大袈裟にやってみましょう。うりゃ!
Dsc00109_s

カラビナが電柱に当たっています。カラビナ自身を折ろうとする荷重がかかっていますよね。こういう荷重にアルミカラビナは非常に弱いです。

というかアルミカラビナはメジャーアクシス以外の荷重にからきし弱いです。逆に言えば「軽量化を追及した上でメジャーアクシスだけは強度が出るように特殊設計された製品」だと考えた方がいいような気がします。写真のカラビナはペツルのオーケーですが、軽量カラビナだと恐らく更に強度は落ちると思います。

ツリーモーションやヒッチクライマーで有名な「Treemagineer」のサイトにこの「カラビナ鯖折り問題」を取りあげた説明があります。是非ご覧ください。(こちら

【スチールカラビナのなんとも言えない安心感】
じゃあこういう事をしたい時はどうすればいいか。私はスチールカラビナやスクリューリンクを使うようにしています。もしくはテンションレスヒッチでとめて末端処理用にカラビナを使用するといった事をしています。

というかリギング作業の場合、スリングを使わないでリギングラインで直接結ぶ方がわかりやすくて強度も出ると思います。リギングラインは元々充分な安全率をとっているから大丈夫だという発想です。

カラビナについてはまた記事を書きたいと思っています!

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

ノットを作るときの名称

今回はノットやヒッチを作る時のロープ名称について。

An Overview of Climbing Hitches」の翻訳時に役立ててください。また、これらの名称はブログでもガシガシ使っていきます。とりあえず下記のイラストが今回の記事のすべてです。

Img_0013_2

【簡単な説明】
Working End:ロープの末端。使用している側。
Running End:ロープの末端。使用していない側。

Eye:末端に作ったループ。スプライス(縫製)、もしくはノットで作る。

Loop:ロープがくるっと一周した部分。ロープがクロスしている。
Turn:他のロープetcのまわりをくるっと一周した部分。クロスしている。イラストのターンは反時計まわり。

Bight:ロープをたるませた部分。クロスしない。(説明難しい…)

Standing Part:何も使っていない部分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)